富取益斎-江戸時代後期の篆刻家

富取益斎-江戸時代後期の篆刻家

富取益斎の生涯

富取益斎の生涯

富取益斎の生涯
富取益斎(とっとりえきさい)は、江戸時代後期の篆刻家です。1764年に、上総国加知山藩領の上根岸村(現・千葉県茂原市)に生まれました。幼少期から書を学び、18歳で江戸に出て、篆刻を学び始めました。

益斎は、篆刻の第一人者である秦蔵六に師事し、その技量を磨きました。蔵六は、益斎の才能を認め、益斎に「益斎」という号を与えました。益斎は、蔵六の教えを受けて、篆刻の奥義を極め、やがて蔵六を凌ぐほどの名工になりました。

益斎は、篆刻だけでなく、書や画も得意でした。益斎の書は、力強く躍動感があり、益斎の画は、写実的で繊細なタッチが特徴です。益斎は、篆刻、書、画の三拍子揃った芸術家として、江戸時代後期に活躍しました。

益斎は、1844年に81歳で亡くなりました。益斎の死後、益斎の篆刻は、その優れた技法と芸術性から、高く評価され、現在でも多くの篆刻家に影響を与えています。

富取益斎の印章学

富取益斎の印章学

富取益斎の印章学

富取益斎は、江戸時代後期の篆刻家です。1780年、飛騨国(現在の岐阜県)に生まれ、江戸に出て亀田鵬斎に師事しました。その後、各地を旅して印章の研究を行い、1840年に『印譜彙説』を刊行しました。

『印譜彙説』は、中国の印譜を集成したもので、篆刻の技法や流派を解説しています。また、益斎は『印章考略』や『印章新考』などの著作も残しています。

益斎の印章学は、中国の篆刻を学びながら、日本の伝統的な印章の技法を融合させたもので、独自の印風を確立しました。益斎の印章は、力強く端正な篆書と、繊細な刀法が特徴です。

また、益斎は印材にもこだわり、さまざまな種類の石や金属を用いました。益斎の印章は、江戸時代後期を代表する篆刻家の作品として高く評価されています。

益斎の印章学は、弟子たちによって受け継がれ、近代日本の篆刻の発展に大きな影響を与えました。益斎の印章学は、日本の篆刻の歴史において重要な位置を占めています。

富取益斎の著作

富取益斎の著作

富取益斎の著作

富取益斎は、篆刻家として活躍する傍ら、多くの著作も残している。その著作は、篆刻に関するものから、書道、儒学、歴史など多岐にわたっている。

篆刻に関する著作としては、『篆刻八講』、『篆刻入門』、『篆刻便覧』などがある。これらの著作は、篆刻の技法や理論について解説したもので、篆刻を学ぶ人にとっては必読書となっている。

書道に関する著作としては、『書道入門』、『書道便覧』などがある。これらの著作は、書道の歴史や技法について解説したもので、書道を学ぶ人にとっては参考になる情報が満載である。

儒学に関する著作としては、『論語講義』、『孟子講義』などがある。これらの著作は、儒学の古典である『論語』や『孟子』を解説したもので、儒学を学ぶ人にとっては貴重な資料となっている。

歴史に関する著作としては、『日本史講義』、『世界史講義』などがある。これらの著作は、日本史や世界史について解説したもので、歴史を学ぶ人にとっては有益な情報が得られるだろう。

富取益斎の著作は、篆刻、書道、儒学、歴史など幅広い分野を網羅している。その著作は、それぞれの分野を学ぶ人にとっては貴重な資料となっている。

タイトルとURLをコピーしました