「大高坂芝山」について

「大高坂芝山」について

大高坂芝山とは

大高坂芝山とは

– 大高坂芝山とは

大高坂芝山とは、滋賀県東近江市にある標高693.6mの山で、日本二百名山、新花の名所百選にも選定されています。
この山の名前の由来は、古くからこの地を治めていたという高坂氏が、この山を所有していたことから名付けられたと言われています。

大高坂芝山は、山頂一帯が芝生に覆われており、その美しい景観から「近江富士」とも呼ばれています。
また、この山は、花の名所としても知られており、春にはカタクリ、夏にはニッコウキスゲ、秋にはススキなど、四季折々さまざまな花が咲き誇ります。

大高坂芝山へのアクセスは、JR草津線「貴生川駅」からバスで「大高坂登山口」まで約30分、そこから徒歩で約3時間です。
また、車の場合、名神高速道路「彦根IC」から約30分で登山口に到着します。

大高坂芝山は、登山初心者でも登りやすい山なので、ハイキングやトレッキングに最適です。
また、山頂からの景色は素晴らしく、琵琶湖や伊吹山、鈴鹿山脈などを見渡すことができます。

大高坂芝山は、自然の美しさが堪能できる山なので、ぜひ一度訪れてみてください。

大高坂芝山の功績

大高坂芝山の功績

-大高坂芝山の功績-

大高坂芝山は、戦国時代から江戸時代にかけて活躍した武将です。彼は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人の天下人に仕えました。

大高坂芝山の功績としては、以下のようなものがあります。

* 信長の家臣として、桶狭間の戦いで活躍した。
* 秀吉の家臣として、九州征伐の総大将を務めた。
* 家康の家臣として、関ヶ原の戦いで東軍の勝利に貢献した。

大高坂芝山は、3人の天下人に仕えた数少ない武将の一人であり、その功績は非常に大きいです。彼は、日本の歴史において重要な役割を果たした人物の一人と言えるでしょう。

-*

大坂の陣においても、大高坂芝山は家康の配下として活躍しました。彼は、天王寺口の戦いで真田信繁の軍勢と戦い、これを撃退しました。この功績により、大高坂芝山は家康から加増を受け、出羽国山形藩の藩主となりました。

大高坂芝山は、山形藩主として領地の経営に尽力しました。彼は、新田開発や治水工事を行い、領民の生活を向上させました。また、彼は、儒教を奨励し、藩校である致道館を設立しました。

大高坂芝山は、72歳で死去しました。彼の功績は、今も山形県民に語り継がれています。

大高坂芝山の著作

大高坂芝山の著作

-# 大高坂芝山の著作

大高坂芝山は、江戸時代の武士であり、漢学者、歌人、書家である。

芝山は、1778年(安永7年)に江戸の旗本・大高坂氏に生まれた。

芝山は、幼い頃から漢学や和歌を学び、18歳で江戸幕府の吟味役に任命された。

その後、芝山は、老中に取り立てられ、寺社奉行や大坂城代などを歴任した。

芝山は、1856年(安政3年)に死去した。

芝山の著作は、漢詩文集『芝山集』や、和歌集『芝山和歌集』、書道論『芝山書道論』などがある。

『芝山集』は、芝山の漢詩文を集めたもので、芝山の学識の高さや、政治家としての気概などがうかがえる。

『芝山和歌集』は、芝山の和歌を集めたもので、芝山の和歌の才能や、感性の豊かさがうかがえる。

『芝山書道論』は、芝山の書道論を集めたもので、芝山の書に対する考え方や、書道の技法などがうかがえる。

芝山の著作は、江戸時代の武士の文化や思想を知る上で貴重な資料である。

タイトルとURLをコピーしました