吾妻光俊 – 労働法と社会正義を求めた学者

吾妻光俊 – 労働法と社会正義を求めた学者

明治36年の生い立ちと家系

明治36年の生い立ちと家系

明治36年の生い立ちと家系

吾妻光俊は、明治36年(1903年)3月26日に、山口県玖珂郡玖珂町(現在の岩国市玖珂町)に生まれた。彼は、吾妻光太郎と吾妻松江の長男である。父・光太郎は、玖珂郡の郡会議員を務め、母・松江は、貴族院議員である寺内正毅の娘である。吾妻家は、代々玖珂郡の豪農であり、吾妻光俊は、裕福な家庭で育った。

吾妻光俊は、少年時代から頭脳明晰で、成績優秀であった。彼は、玖珂小学校を卒業後、山口中学校(現在の山口県立山口高等学校)に進学。山口中学校では、学業だけでなく、野球や水泳などスポーツにも打ち込んだ。

山口中学校を卒業後、吾妻光俊は、東京帝国大学法学部に進学した。東京帝国大学では、労働法と社会政策を専攻し、社会問題に関心を寄せるようになった。彼は、在学中に、労働組合の活動に参加し、労働者の権利向上を訴えた。

東京帝国大学卒業後、吾妻光俊は、労働省に入省した。労働省では、労働基準法の制定や、労働組合の結成を支援するなど、労働者の労働条件の改善に尽力した。

吾妻光俊は、昭和20年(1945年)に、労働省を退官し、東京大学法学部教授に就任した。東京大学では、労働法を講義し、多くの学生を育てた。彼は、昭和39年(1964年)に、東京大学を定年退官するまで、労働法の研究と教育に尽力した。

吾妻光俊は、昭和51年(1976年)に、勲一等瑞宝章を受章した。彼は、昭和58年(1983年)に、80歳で死去した。

東京大学と東京商大(現一橋大学)での学究生活

東京大学と東京商大(現一橋大学)での学究生活

-東京大学と東京商大(現一橋大学)での学究生活-

吾妻光俊は、1912年に東京に生まれました。1930年に東京大学法学部に入学し、民法を専攻しました。大学時代は、民法学者の穂積重遠や末弘厳太郎に師事し、民法の理論と実務を学びました。

1934年に東京大学を卒業後、吾妻光俊は東京商大(現一橋大学)の助手となりました。1937年に助教授に昇進し、1943年に教授に就任しました。東京商大では、民法や労働法の講義を担当し、多くの学生を指導しました。

吾妻光俊は、1947年に東京大学の教授に転任しました。東京大学では、民法や労働法の講義を担当し、多くの学生を指導しました。また、1951年から1953年まで東京大学の法学部長を務めました。

吾妻光俊は、民法学者としてだけでなく、労働法学者としても活躍しました。1947年に労働基準法が制定されると、吾妻光俊は労働基準法の研究に没頭しました。吾妻光俊は、労働基準法の解釈や適用に関する多くの論文を発表し、労働法学の発展に貢献しました。

吾妻光俊は、1977年に東京大学を退官しました。退官後は、日本労働法学会の顧問を務め、労働法学の研究を続けました。吾妻光俊は、1993年に81歳で亡くなりました。

労働法研究と独自の理論の構築

労働法研究と独自の理論の構築

-労働法研究と独自の理論の構築-

吾妻光俊は、労働法の研究において、労働者の権利の擁護と社会正義の実現を重視した。彼は、労働者の権利を法的に保障するための労働法の整備と、労働者と使用者との間の紛争を公平に解決するための労働審判制度の確立を主張した。

吾妻光俊は、独自の労働法理論も構築した。その中の一つが、「労働基準法は労働者の最低限度の権利を保障する法規であり、労働者は労働基準法に定められた権利を主張することができる」という「労働基準法の最低限度保障説」である。この理論は、労働者が労働基準法に定められた権利を主張することを可能にし、労働者の権利の保護に大きく貢献した。

もう一つの理論が、「労働法は労働者の権利と使用者の権利を調和させることを目的とした法規である」という「労働法の調和理論」である。この理論は、労働者と使用者の間には対立ではなく、協力の関係があることを強調し、労働法は労働者と使用者の間の対立を調和させることを目指すべきであると主張した。この理論は、労働法の運用において、労働者と使用者の間の対立を回避し、協力関係を促進するのに役立った。

吾妻光俊の労働法研究と理論構築は、日本の労働法の発展に大きな影響を与えた。彼の研究と理論は、日本の労働法の基礎を形成し、現在でも労働法の研究と運用において重要な役割を果たしている。

タイトルとURLをコピーしました