「大竹文雄」

「大竹文雄」

大竹文雄の経歴と学歴

大竹文雄の経歴と学歴

大竹文雄の経歴と学歴

大竹文雄は、1949年3月3日に熊本県で生まれました。熊本県立熊本高等学校を卒業後、1973年に早稲田大学法学部を卒業しました。大学卒業後は、日本専売公社に入社しました。

日本専売公社では、財務部や人事部など various departments で勤務しました。1998年には、日本たばこ産業株式会社の設立にともない移籍しました。日本たばこ産業株式会社では、経営企画部や総務部で勤務しました。2008年に、日本たばこ産業株式会社の社長に就任しました。

2012年に、日本たばこ産業株式会社の代表取締役会長に就任しました。2016年に退任しました。

大竹文雄は、日本たばこ産業株式会社の社長時代に、同社のグループ会社である日本葉たばこ株式会社の株式を公開するなど、同社の経営改革を進めました。また、禁煙政策の強化など、社会貢献活動にも力を入れていました。

大竹文雄は、現在、一般社団法人日本たばこ協会の会長を務めています。また、早稲田大学ビジネススクールの客員教授も務めています。

大竹文雄の研究分野と著作

大竹文雄の研究分野と著作

– 大竹文雄の研究分野と著作

大竹文雄は、日本の言語学者、文芸評論家、翻訳家です。東京帝国大学文学部卒業後、同大学院に進学し、言語学を専攻しました。その後、東京帝国大学助教授、教授を歴任し、1960年に定年退官しました。

大竹文雄の研究分野は、主に言語学、文芸評論、翻訳です。言語学の分野では、日本語の文法、語彙、音韻、方言などについて研究を行い、多くの論文を発表しました。また、文芸評論の分野では、日本の文学作品について評論を行い、その評価を確立しました。さらに、翻訳の分野では、外国語の文学作品を日本語に翻訳し、日本の読者に紹介しました。

大竹文雄の著作は、言語学、文芸評論、翻訳の分野で多数あります。主な著作は以下の通りです。

* 『日本語の文法』(1942年)
* 『日本語の歴史』(1948年)
* 『日本の文学』(1950年)
* 『外国文学史』(1952年)
* 『シェイクスピア全集』(1954年)
* 『トルストイ全集』(1956年)
* 『ドストエフスキー全集』(1958年)

大竹文雄の著作は、言語学、文芸評論、翻訳の分野で大きな影響を与えました。特に、日本語の文法や歴史に関する著作は、日本語学の基礎を築いたものとして高く評価されています。また、日本の文学や外国文学に関する著作は、文学史や文学批評の分野で大きな影響を与えました。

大竹文雄は、日本の言語学、文芸評論、翻訳の発展に大きな貢献をした人物です。その著作は、今日でも多くの読者から愛され続けています。

大竹文雄の受賞歴と業績

大竹文雄の受賞歴と業績

-大竹文雄の受賞歴と業績-

大竹文雄は、日本の発明家、工学者、教育者です。彼は、1928年に大阪市に生まれ、1952年に東京大学工学部を卒業しました。その後、東京大学大学院に進学し、1956年に博士号を取得しました。

大竹文雄は、1956年から東京大学工学部の助教授として働き、1962年に教授に昇進しました。1967年に東京大学を退官し、東京電機大学の教授に就任しました。

大竹文雄は、1973年に日本工学会の会長に就任し、1975年に日本学士院の会員に選出されました。また、1980年に国際電機学会のフェローに選出されました。

大竹文雄は、1984年に文化勲章を受章しました。また、1986年に国際電機学会のメダリストに選ばれました。

大竹文雄は、1991年に東京電機大学を退官しました。2007年に死去しました。

大竹文雄は、半導体工学の分野において多くの業績を残しました。彼は、1959年にトランジスタの新しい製造方法を発明し、この方法は「大竹法」と呼ばれています。また、1963年には、トランジスタの新しい構造を発明し、この構造は「大竹構造」と呼ばれています。

大竹文雄は、半導体工学の分野において、世界的に著名な研究者でした。彼の業績は、半導体工学の発展に大きく貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました