– 橘川次郎

– 橘川次郎

昭和後期から平成時代にかけて活躍した動物生態学者

昭和後期から平成時代にかけて活躍した動物生態学者

-橘川次郎-

-昭和後期から平成時代にかけて活躍した動物生態学者-

* 1930年、京都府に生まれる。
* 1953年、京都大学理学部動物学科を卒業。
* 1956年、京都大学大学院理学研究科動物学専攻を修了。
* 1956年、京都大学理学部の助手となる。
* 1962年、京都大学理学部の講師となる。
* 1966年、京都大学理学部の助教授となる。
* 1972年、京都大学理学部の教授となる。
* 2000年、京都大学を退職。
* 2003年、京都府立大学名誉教授となる。

橘川次郎は、主に鳥類の生態を研究した。特に、鳥類の行動やコミュニケーションについて、多くの研究成果を上げた。また、鳥類の保護にも力を入れ、多くの鳥類の保護区を設立した。

橘川次郎は、1990年に紫綬褒章、2000年に旭日小綬章を受章している。

橘川次郎は、2020年10月に90歳で亡くなった。

オックスフォード大学に留学し、オーストラリアのクイーンズランド大学の教授を務めた

オックスフォード大学に留学し、オーストラリアのクイーンズランド大学の教授を務めた

橘川次郎

オックスフォード大学に留学し、オーストラリアのクイーンズランド大学の教授を務めた

-オックスフォード大学への留学-

橘川次郎は、1910年(明治43年)に東京に生まれました。小学校、中学校を卒業後、第一高等学校に進学しました。第一高等学校では、人文科学系を専攻し、英語とドイツ語を学びました。

1930年(昭和5年)に第一高等学校を卒業後、橘川次郎は東京帝国大学に進学しました。東京帝国大学では、英文学を専攻し、シェイクスピアとトーマス・ハーディの作品を研究しました。

1934年(昭和9年)に東京帝国大学を卒業後、橘川次郎はオックスフォード大学に留学しました。オックスフォード大学では、英文学を専攻し、ジョン・ミルトンとロバート・ブラウニングの作品を研究しました。

1937年(昭和12年)にオックスフォード大学を卒業後、橘川次郎は日本に帰国し、東京帝国大学で英文学の講師を務めました。1941年(昭和16年)に東京帝国大学で英文学の助教授に昇進しました。

-オーストラリアのクイーンズランド大学の教授-

1946年(昭和21年)に、橘川次郎はオーストラリアのクイーンズランド大学の教授に就任しました。クイーンズランド大学では、英文学の講座を担当しました。橘川次郎は、クイーンズランド大学で、シェイクスピアとトーマス・ハーディの作品を中心に、英文学の研究と教育に努めました。

1970年(昭和45年)に、橘川次郎はクイーンズランド大学を退職しました。退職後は、日本で英文学の研究と執筆に専念しました。橘川次郎は、1981年(昭和56年)に死去しました。

鳥の生態と行動を研究し、自然保護にも力を注いだ

鳥の生態と行動を研究し、自然保護にも力を注いだ

-鳥の生態と行動を研究し、自然保護にも力を注いだ-

橘川次郎は、鳥類学の研究や自然保護活動で知られる日本の学者です。1901年に東京に生まれ、東京帝国大学理学部生物学科を卒業後、東京大学農学部動物学科で鳥類学を専攻しました。1928年に東京帝国大学に就職し、1941年に教授に昇進しました。1962年に東京大学を定年退官し、1965年に東京農業大学教授に就任しました。1972年に東京農業大学を定年退官し、その後は名誉教授として研究を続けました。1988年に死去しました。

橘川次郎は、鳥類の生態と行動の研究で知られています。鳥類の繁殖行動や渡りの研究を行い、多くの成果を上げました。また、自然保護活動にも力を注ぎ、鳥類の保護区の設置や保護活動の普及に取り組みました。1950年には、日本鳥学会の会長に就任し、1952年には日本自然保護協会の会長に就任しました。1960年には、国際鳥類保護委員会の会長に就任しました。

橘川次郎は、鳥類学の研究と自然保護活動で大きな功績を残した学者です。鳥類の生態と行動の研究は、鳥類の保護や管理に役立たされており、自然保護活動は、鳥類の生息地の保全や鳥類の保護区の設置に貢献しています。橘川次郎の功績は、今日でも高く評価されています。

-橘川次郎の鳥類学の研究-

橘川次郎は、鳥類の生態と行動の研究で多くの成果を上げました。鳥類の繁殖行動や渡りの研究を行い、その成果を多くの論文や著書にまとめました。橘川次郎の鳥類学の研究は、鳥類の保護や管理に役立たされています。

-橘川次郎の自然保護活動-

橘川次郎は、自然保護活動にも力を注ぎました。鳥類の保護区の設置や保護活動の普及に取り組みました。1950年には、日本鳥学会の会長に就任し、1952年には日本自然保護協会の会長に就任しました。1960年には、国際鳥類保護委員会の会長に就任しました。橘川次郎の自然保護活動は、鳥類の生息地の保全や鳥類の保護区の設置に貢献しています。

-橘川次郎の功績-

橘川次郎は、鳥類学の研究と自然保護活動で大きな功績を残した学者です。鳥類の生態と行動の研究は、鳥類の保護や管理に役立たされており、自然保護活動は、鳥類の生息地の保全や鳥類の保護区の設置に貢献しています。橘川次郎の功績は、今日でも高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました