城戸幡太郎:大正-昭和時代の教育学者

城戸幡太郎:大正-昭和時代の教育学者

城戸幡太郎の生涯

城戸幡太郎の生涯

-城戸幡太郎の生涯-

城戸幡太郎(じゅうど はんたろう、1891年11月15日 – 1969年4月15日)は、日本の大正-昭和時代の教育学者、東北大学初代学長。

1891年、山形県南村山郡余目町(現・尾花沢市)に生まれる。山形県立米沢中学校(現・山形県立米沢興譲館高等学校)卒業後、東北帝国大学教育学部に入学。1915年に卒業し、山形県立米沢中学校教諭となる。1919年に東北帝国大学教育学部助教授に就任し、1923年に教授に昇進。1927年に東北帝国大学総長に就任し、1929年に東北帝国大学初代学長に就任。1933年に退任し、名誉教授となる。

1934年、文部省学術審議会委員に就任し、1936年に日本教育学会会長に就任。1937年に貴族院勅選議員に勅任され、1945年に終戦を迎える。1946年、日本教育学会会長に再任され、1947年に東北大学学長に再任。1951年に退任し、名誉教授となる。

1969年、東京都で死去。享年77。

城戸幡太郎は、教育学の分野において、教育方法論、教育心理学、教育史などの分野で業績を残した。また、東北帝国大学学長として、大学の改革に尽力し、東北大学の近代化に貢献した。

城戸幡太郎の教育思想

城戸幡太郎の教育思想

-城戸幡太郎の教育思想-

城戸幡太郎は、大正・昭和時代の教育学者です。彼は、教育の目的は「人格の完成」であると主張し、人格完成のための教育として、知育・徳育・体育の調和のとれた教育を重視しました。

城戸の教育思想は、彼の著書『教育学原論』(1925年)に集約されています。この本の中で、城戸は「人格」を「自己を完成し、社会に貢献できる人間」と定義しています。そして、人格を完成させるためには、知育・徳育・体育の調和のとれた教育が必要だと主張しています。

知育とは、知識や技能を習得させる教育のことです。徳育とは、道徳心を養う教育のことです。体育とは、身体を鍛える教育のことです。城戸は、この三つの教育が調和していることによって、人格が完成すると考えていました。

城戸はまた、教育は「自由」なものでなければならないと主張していました。彼は、教育は強制によって行われるべきではなく、生徒の自主性と主体性を尊重して行われるべきだと考えていました。

城戸の教育思想は、昭和の教育改革に大きな影響を与えました。教育基本法(1947年)には、城戸の教育思想が色濃く反映されています。教育基本法は、教育の目的を「人格の完成」と規定し、知育・徳育・体育の調和のとれた教育を重視しています。また、教育基本法は、教育は「自由」なものでなければならないと規定しています。

城戸の教育思想は、今日の教育にも大きな影響を与えています。多くの学校では、知育・徳育・体育の調和のとれた教育を目指しています。また、多くの学校では、教育は「自由」なものでなければならないと考えています。城戸の教育思想は、これからも日本の教育に大きな影響を与え続けるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました