– 阿部達夫

– 阿部達夫

阿部達夫とは?

阿部達夫とは?

-阿部達夫とは?-

阿部達夫は、日本の政治家です。1962年2月21日生まれ、山梨県出身。自由民主党所属、衆議院議員。

上智大学法学部卒、岩手県庁に入庁。1998年に退職し、第18回参議院議員通常選挙に岩手県選挙区から無所属で出馬。初当選を果たす。2004年の第20回参議院議員通常選挙、2010年の第22回参議院議員通常選挙でも再選される。

2012年10月、第2次安倍内閣において国土交通副大臣に任命され、2013年9月まで務める。2014年9月、第3次安倍内閣において内閣府特命担当大臣(防災)に任命され、2015年10月まで務める。

2017年10月、第4次安倍第2次改造内閣において復興大臣に任命され、2018年10月まで務める。2019年7月、第4次安倍第3次改造内閣において内閣府特命担当大臣(地方創生、規制改革)に任命され、2020年9月まで務める。

2021年10月、第49回衆議院議員総選挙に山梨3区から立候補し、初当選を果たす。現在、衆議院議員として活動している。

阿部達夫の経歴

阿部達夫の経歴

-阿部達夫の経歴-

阿部達夫は日本の政治家で、1936年(昭和11年)4月14日に北海道 札幌市で生まれた。父は衆議院議員を務めた阿部武七、祖父は北海道会議員を務めた阿部久蔵である。

阿部達夫は、北海道 札幌市にある北海高等学校を卒業後、早稲田大学政治経済学部に進学し、1960年(昭和35年)に卒業した。卒業後は、新聞記者として北海道新聞社に入社した。

北海道新聞社を退社後は、1971年(昭和46年)に北海道議会議員選挙に出馬し、当選。北海道議会議員を3期務め、1979年(昭和54年)の第35回衆議院議員総選挙に北海道第4区から出馬し、当選した。

阿部達夫は衆議院議員を11期務め、内閣官房長官、総務大臣、経済産業大臣などを歴任した。2021年(令和3年)の第49回衆議院議員総選挙には出馬せず、政界を引退した。

阿部達夫は自民党の宏池会(宏池会平成研究会)に所属していた。宏池会は、竹下登元首相を会長とする派閥で、阿部達夫は竹下登の側近として知られていた。

阿部達夫は、竹下登元首相の側近として、竹下内閣で内閣官房長官を務めた。また、小泉純一郎内閣で総務大臣、経済産業大臣を務めた。阿部達夫は、竹下登元首相や小泉純一郎元首相に近い政治家として知られていた。

阿部達夫は、政界引退後も、講演活動や執筆活動などを行うなど、精力的に活動していた。2022年(令和4年)1月14日に死去。享年85。

阿部達夫の功績

阿部達夫の功績

– 阿部達夫の功績

阿部達夫は、日本の政治家、実業家。自由民主党所属。元内閣官房長官、元環境大臣、元農林水産大臣、元防衛大臣。

阿部達夫は、1942年、愛媛県大洲市に生まれる。1964年、東京大学経済学部を卒業。同年、三菱商事に入社。1990年、衆議院議員に初当選。

阿部達夫は、2001年、野中内閣で内閣官房長官に任命される。2002年、小泉内閣で環境大臣に任命される。2003年、農林水産大臣に任命される。2004年、防衛大臣に任命される。

阿部達夫は、内閣官房長官として、小泉内閣の経済政策である「規制緩和」や「構造改革」を推進した。環境大臣として、京都議定書の批准に尽力した。農林水産大臣として、農産物の輸出拡大や農家の経営安定に努めた。防衛大臣として、イラク戦争への自衛隊派遣を決定した。

阿部達夫は、2007年、麻生内閣で再び内閣官房長官に任命される。2008年、福田康夫総裁の辞任に伴う総裁選挙に出馬するが、麻生太郎に敗れる。

阿部達夫は、2012年、第46回衆議院議員総選挙で落選する。2014年、第47回衆議院議員総選挙で当選し、国政に復帰した。

阿部達夫は、2015年、安倍内閣で再び内閣官房長官に任命される。2016年、総務大臣に任命される。

阿部達夫は、2017年、第48回衆議院議員総選挙で落選する。2019年、第49回衆議院議員総選挙で当選し、国政に復帰した。

阿部達夫は、現在、自由民主党の総裁であり、内閣総理大臣を務めている。

タイトルとURLをコピーしました