「牧野英一」

「牧野英一」

刑法学者の生い立ちと経歴

刑法学者の生い立ちと経歴

-牧野英一-

刑法学者の生い立ちと経歴

牧野英一は、1903年(明治36年)に東京市牛込区(現在の東京都新宿区)に生まれた。父は牧野英太郎、母は牧野キョ。英太郎は司法官僚であり、キョは旧尾張藩士の娘であった。英一には、兄と姉がいた。

英一は、小学校入学前に父を亡くし、母と兄姉の4人で生活することとなった。母は裁縫の内職をして生計を立てた。英一は、小学校時代から成績優秀で、東京府立第一中学、第一高等学校を経て、1925年(大正14年)に東京帝国大学法学部法律学科に入学した。

英一は、大学在学中に刑法学に興味を持ち、卒業後は司法官僚としてキャリアをスタートさせた。その後、東京帝国大学法学部助手に任命され、刑法を研究するようになった。1933年(昭和8年)には、東京帝国大学法学部教授に就任した。

英一は、刑法学の研究において、犯罪論や刑罰論に大きな功績を残した。特に、犯罪論においては、犯罪を「社会秩序に対する侵害行為」と定義し、犯罪の構成要件と責任能力の概念を明確にした。また、刑罰論においては、刑罰の目的は犯罪を予防することにあると主張し、刑罰の量刑方法を体系化した。

英一は、1968年(昭和43年)に東京帝国大学を定年退官し、その後は中央大学教授として刑法学を教え続けた。1979年(昭和54年)に亡くなった。

英一は、刑法学の研究において大きな功績を残しただけでなく、司法官僚としても活躍し、法務大臣や最高裁判所判事を歴任した。また、日本刑法学会の初代会長を務め、刑法学の発展に貢献した。

主観主義刑法理論と教育刑論

主観主義刑法理論と教育刑論

-牧野英一-

-主観主義刑法理論と教育刑論-

牧野英一は、日本の法学者、刑法学者。主観主義刑法理論と教育刑論を研究し、日本の刑法学に大きな影響を与えた。

-主観主義刑法理論-

牧野英一の刑法理論は、主観主義刑法理論である。主観主義刑法理論とは、犯罪の成立要件は犯罪者の主観的要素と客観的要素の両方を要するとする理論である。犯罪者の主観的要素とは、犯罪者が必要な犯罪故意を有していたことをいい、犯罪者の客観的要素とは、犯罪者が犯罪行為を実行したことをいう。

牧野英一は、犯罪者の主観的要素と客観的要素の両方が犯罪の成立要件であると主張した。犯罪者の主観的要素が欠ければ、犯罪の成立要件にはならない。例えば、犯罪者が犯罪行為を実行しても、犯罪故意がなければ犯罪にはならない。犯罪者の客観的要素が欠ければ、犯罪の成立要件にはならない。例えば、犯罪者が犯罪行為を実行しようとしたが、犯罪行為を実行できなかった場合、犯罪にはならない。

牧野英一の主観主義刑法理論は、日本の刑法学に大きな影響を与えた。主観主義刑法理論は、犯罪の成立要件について、犯罪者の主観的要素と客観的要素の両方を重視する理論である。これは、犯罪の成立要件をより厳格に解釈することを可能にする。

-教育刑論-

牧野英一は、教育刑論も研究した。教育刑論とは、犯罪者を刑罰によって教育し、犯罪者の再犯を防ぐことを目的とする刑罰理論である。牧野英一は、刑罰には犯罪者を教育するという目的がなければならないと主張した。刑罰は、犯罪者を懲罰するだけでなく、犯罪者を教育して犯罪者の再犯を防ぐ役割を果たさなければならない。

牧野英一の教育刑論は、日本の刑法学に大きな影響を与えた。教育刑論は、刑罰の目的を、犯罪者を懲罰することだけでなく、犯罪者を教育して犯罪者の再犯を防ぐことにも求める理論である。これは、刑罰の執行をより厳格にすることを可能にする。

刑法への貢献と文化勲章の受章

刑法への貢献と文化勲章の受章

-「牧野英一」-

-刑法への貢献と文化勲章の受章-

牧野英一(1882-1963)は、日本の法学者であり、刑法学者として知られる。東京都出身。東京帝国大学卒業、同大学教授。1952年に文化勲章を受章した。

牧野英一の刑法への貢献は大きく、その中でも特に、刑法典の改正、刑法学の体系化、刑法判例の研究の3つが挙げられる。

刑法典の改正について、牧野英一は、1907年に当時の刑法典を全面的に改正した刑法典を起草し、これが1908年に公布された。この刑法典は、その後、数多くの改正を加えられたものの、基本的な枠組みは現在も維持されている。

刑法学の体系化について、牧野英一は、「刑法総論」(1921年)、「刑法各論」(1922-1923年)、「刑法逐条注釈」(1926年)などの著書を著し、刑法学の体系化に大きく貢献した。これらの著書は、現在でも刑法学の基礎的な教科書として用いられている。

刑法判例の研究について、牧野英一は、「大審院刑法判例解説」(1920年)などの著書を著し、刑法判例の研究に大きく貢献した。これらの著書は、現在でも刑法判例研究の基礎的な文献として用いられている。

牧野英一の刑法への貢献は大きく認められ、1952年に文化勲章を受章した。文化勲章は、日本の文化の発展に大きく貢献した人に贈られる勲章であり、牧野英一の刑法への貢献がいかに高く評価されていたかが分かる。

タイトルとURLをコピーしました