「大塚稔」

「大塚稔」

行学一致の愛農教育

行学一致の愛農教育

– 大塚稔
-# 行学一致の愛農教育

大塚稔氏は、1899年に熊本県八代市に生まれました。幼い頃から農業を手伝い、農業の大変さを知る一方で、農業の大切さも学びました。

大塚氏は、1920年に東京農業大学を卒業後、熊本県立八代農業学校に赴任しました。八代農業学校では、農業教育に情熱を注ぎ、生徒たちに農業の大切さを教え、農業技術の向上に努めました。

1925年、大塚氏は八代農業学校の校長に就任しました。校長として、大塚氏は「行学一致の愛農教育」を掲げ、生徒たちに実践的な農業教育を行ないました。生徒たちは、学校で学んだことを実際に畑で実践し、農業技術を向上させました。

大塚氏の愛農教育は、生徒たちに大きな影響を与え、多くの優れた農業者が育ちました。また、大塚氏の教育方法は、全国の農業学校に広がり、日本の農業教育の発展に貢献しました。

大塚氏は、1955年に八代農業学校を退任し、その後は、熊本県教育委員会委員長や熊本県農業会議会長などの要職を歴任しました。1982年に、大塚氏は亡くなりました。

大塚稔氏は、日本の農業教育に大きな功績を残した偉大な教育者です。彼の教育方法は、今でも多くの農業学校で実践されており、日本の農業の発展に貢献しています。

九州高等農事講習所長

九州高等農事講習所長

-大塚稔-

-九州高等農事講習所長-

大塚稔は1885年に熊本県八代郡中津村(現・八代市)に生まれました。1908年に東京高等農林学校を卒業し、農商務省に入省しました。その後、福岡県農事試験場長、熊本県農事試験場長などを歴任しました。1925年に九州高等農事講習所長に就任しました。この講習所は大正6年に熊本県農業会によって創設され、農業技術の向上と人材育成を目的に、農業経営、農業機械、園芸、畜産、養蚕などの科目を教えていました。大塚は講習所を充実させ、学科を拡大して、農業技術の向上に努めました。1932年には講習所を閉鎖し、その施設を熊本県農事試験場に引き継ぎました。

大塚稔は1945年に亡くなりました。

大塚稔は、九州の農業の発展に貢献した人物です。彼は、九州高等農事講習所長として、農業技術の向上と人材育成に努めました。また、九州の農民との交流を深め、彼らの生活の向上に尽力しました。

宮崎県経営伝習農場長

宮崎県経営伝習農場長

-「大塚稔」-

-宮崎県経営伝習農場長-

大塚稔氏は、宮崎県経営伝習農場長として、農業の発展に貢献した人物です。

大塚氏は、1909年(明治42年)に宮崎県西都市に生まれました。

宮崎県立農業学校を卒業後、農業に従事しました。

1945年(昭和20年)に、宮崎県経営伝習農場長に就任しました。

経営伝習農場長として、大塚氏は、農業経営の改善や、新しい農業技術の普及に取り組みました。

大塚氏の指導のもと、宮崎県の農業は、大きく発展しました。

大塚氏は、1960年(昭和35年)に、宮崎県農業会議会長に就任しました。

農業会議会長として、大塚氏は、農業政策の立案や、農業者の団結強化に取り組みました。

大塚氏は、1967年(昭和42年)に、勲五等双光旭日章を受章しました。

大塚氏は、1983年(昭和58年)に、死去しました。

大塚氏の功績は、今でも宮崎県の農業に受け継がれています。

タイトルとURLをコピーしました