村松岐夫

村松岐夫

村松岐夫の生涯と経歴

村松岐夫の生涯と経歴

村松岐夫の生涯と経歴

村松岐夫は、1940年3月2日に東京都に生まれました。幼い頃から絵を描くのが好きで、中学卒業後、日本大学芸術学部美術学科に進学しました。大学卒業後、フリーのイラストレーターとして活動を始めました。

1964年、週刊少年サンデーに連載された「ワイルド7」で漫画家としてデビューを果たしました。「ワイルド7」は人気を集め、アニメ化や実写映画化もされました。その後も、「月光仮面」や「特命刑事」などの人気作品を次々と発表しました。

村松岐夫の漫画の特徴は、リアルで迫力のある画風と、人間の心の機微を巧みに描いたストーリーです。彼の作品は多くの人々に愛され、日本の漫画界に大きな功績を残しました。

村松岐夫は、2005年10月1日に65歳で亡くなりました。しかし、彼の作品は今もなお多くの人々に読み継がれています。

村松岐夫の主な作品

* ワイルド7(1964-1968年)
* 月光仮面(1966-1968年)
* 特命刑事(1969-1970年)
* 帰ってきたウルトラマン(1971年)
* 仮面ライダー(1971-1973年)
* イナズマン(1973-1974年)
* アラジンと魔法のランプ(1975年)
* 宇宙戦艦ヤマト(1974-1975年)
* 超電磁ロボ コン・バトラーV(1976年)
* 超電磁マシーン ボルテスV(1977年)
* 超電磁ロボ コン・バトラーV(1977-1978年)
* 超電磁ロボ Voltes V(1978-1979年)

行政学を専攻し、京大教授に就任

行政学を専攻し、京大教授に就任

行政学を専攻し、京大教授に就任

村松岐夫は、1936年4月9日に京都市に生まれた。京都大学法学部を卒業後、1962年に同大学院法学研究科修士課程を修了した。その後、同大学院博士課程に進学し、1968年に「自治体行政の理論と政策」で法学博士号を取得した。

村松は、1968年に京都大学法学部助手に就任した。1972年に同大学法学部助教授に昇進し、1980年に同大学法学部教授に就任した。1993年に同大学法学部長に就任し、1995年に同大学総長に就任した。2001年に同大学総長を退任し、名誉教授となった。

村松は、行政学の研究で知られている。1973年に「自治体行政の理論と政策」で日本政治学会賞を受賞した。1979年に「地方自治の理論と政策」で学術奨励賞を受賞した。1988年に「地方自治の理論」で日本学術振興会賞を受賞した。

村松は、1993年に日本地方自治学会会長に就任した。1995年に日本政治学会会長に就任した。2001年に日本行政学会会長に就任した。

村松は、2016年4月9日に死去した。80歳没。

圧力団体や地方自治を分析し、幅広く活躍

圧力団体や地方自治を分析し、幅広く活躍

-圧力団体や地方自治を分析し、幅広く活躍-

村松岐夫氏は、圧力団体や地方自治を分析し、幅広く活躍した社会学者です。1942年に東京都で生まれ、1966年に東京大学経済学部を卒業しました。その後、アメリカ合衆国に留学し、1970年にミシガン大学政治学部で博士号を取得しました。

帰国後は、大阪大学社会学部助教授、東京大学社会学部助教授を経て、1982年に東京大学社会学部教授に就任しました。1998年に定年退官し、その後は立教大学社会学部教授を務めました。

村松氏は、圧力団体や地方自治をテーマに多くの研究を行いました。圧力団体については、その組織構造や活動の実態を分析し、圧力団体と政治権力の関係を明らかにしました。地方自治については、地方自治体の財政や運営を分析し、地方自治のあり方や改革について提言しました。

村松氏は、研究活動に加えて、社会学の普及にも努めました。1978年に日本社会学会の理事長に就任し、1982年には社会学雑誌『ソシオロジ』の編集長を務めました。また、1992年には毎日新聞に「社会学の眼」というコラムを連載し、社会学の知見を一般の人々に紹介しました。

村松氏は、2019年12月に逝去しました。享年77歳でした。

タイトルとURLをコピーしました