「大槻文彦」

「大槻文彦」

大槻文彦の生涯と功績

大槻文彦の生涯と功績

-大槻文彦の生涯と功績-

1838年に江戸に生まれた大槻文彦は、明治期の著名な国語学者、文筆家、辞書編纂者です。文彦は幼い頃から学問に励み、1861年に東京帝国大学の教授に就任しました。その後、大槻文彦は国語の研究に没頭し、1888年に『言文一致体』を発表しました。

大槻文彦の功績の一つは、彼が言文一致体を提唱したことにあるでしょう。それ以前の日本では、文語と口語が別々のものとして扱われており、文章を書く際には文語を用いるのが一般的でした。しかし、大槻文彦は、口語をそのまま文章に使用してもよいと主張し、そのための指針として『言文一致体』を著しました。

大槻文彦のもう一つの功績は、彼が辞書編纂に携わったことです。彼は1889年に『新撰漢語林』を出版し、その後も『広文庫』や『大日本国語辞典』などの辞書を編纂しました。これらの辞書は、日本語の語彙を体系的にまとめ、その意味や使い方を解説しており、日本語教育に大きく貢献しました。

また、大槻文彦は日本の偉大な国語学者の一人として知られているほか、民俗学や歴史学など、幅広い分野で活躍しました。彼は『日本の民俗学』や『国史大辞典』など、多くの著作を残しています。

大槻文彦は1889年に亡くなりましたが、彼の功績は今日でもなお高く評価されています。彼は日本の国語学の発展に大きく寄与し、日本語の普及に貢献した偉大な人物です。

大槻文彦の代表作「言海」

大槻文彦の代表作「言海」

-大槻文彦の代表作「言海」-

大槻文彦の代表作「言海」は、1935年から1953年にかけて発刊された国語辞書である。

「言海」は、大槻文彦が一人だけで編纂したもので、その膨大な内容と正確さで、国語辞書の最高峰と称されている。

「言海」は、約24万5000語を収録しており、その中には、古語や方言、外来語、専門用語など、さまざまな語彙が含まれている。

「言海」は、その内容の豊富さだけでなく、その正確さも評価されている。大槻文彦は、編纂にあたり、文献や資料を丹念に調査し、その結果を「言海」に盛り込んだ。

その結果、「言海」は、国語辞書として非常に信頼性の高いものとなった。

「言海」は、その膨大な内容と正確さで、国語辞書の最高峰と称されており、国語研究や日本語教育に欠かせない貴重な資料となっている。

-「言海」の特徴-

「言海」は、その内容の豊富さと正確さで知られているが、そのほかにも、いくつかの特徴がある。

・-一人だけで編纂された-

「言海」は、大槻文彦が一人だけで編纂したもので、その膨大な内容と正確さは、大槻文彦の偉業である。

・-古語や方言、外来語、専門用語などを多く収録-

「言海」には、古語や方言、外来語、専門用語など、さまざまな語彙が収録されている。

これは、「言海」が、国語のすべてを網羅することを目指して編纂されたためである。

・-語釈が詳しい-

「言海」の語釈は非常に詳しく、その語の意味や用法を詳細に説明している。

これは、大槻文彦が、読者が「言海」を正しく理解できるようにするために、丁寧な語釈を心がけたためである。

-「言海」の意義-

「言海」は、国語辞書の最高峰であり、国語研究や日本語教育に欠かせない貴重な資料である。

「言海」は、大槻文彦の偉大な功績であり、その内容は永遠に語り継がれるであろう。

大槻文彦の残した格言

大槻文彦の残した格言

大槻文彦の残した格言

大槻文彦(1842年〜1929年)は、日本の国語学者であり、国語辞典『大槻国語辞典』の編纂者として知られています。また、数多くの格言を残しており、今日でも多くの人々に親しまれています。

大槻文彦の格言には、人生訓として役立つものや、仕事や学びに関するものなど、さまざまなものがあります。その中でも、特に有名な格言をいくつかご紹介します。

* 「一寸の光陰軽んずべからず、一文の銭財愛すべからず。」

これは、時間とお金を大切にすることの大切さを説いた格言です。時間はお金では買えないものであり、お金は時間をかけて稼ぐことができます。また、時間とお金は有限であり、一度失うと取り戻すことはできません。そのため、この格言は、時間とお金を大切にして、有効に使うことの大切さを訴えています。

* 「千里の道も一歩から。」

これは、大きな目標を達成するには、小さな一歩から始めることが大切であることを説いた格言です。千里の道も、一歩一歩進むことで到達することができます。大きな目標を達成するには、すぐに結果を求めるのではなく、コツコツと努力を重ねることが大切です。この格言は、大きな目標に向かって努力する人々に、勇気と希望を与えるものです。

* 「己を律すること厳にして、人を律すること寛にすべし。」

これは、自分を厳しく律し、他の人を寛容に許すことの大切さを説いた格言です。自分を厳しく律することができれば、自分の行動や言動に責任を持つことができます。また、他の人を寛容に許すことができれば、人間関係を円滑にすることができます。この格言は、人間として成長するためには、自分を厳しく律し、他の人を寛容に許すことが大切であることを訴えています。

大槻文彦の格言は、今日でも多くの人々に親しまれています。その格言には、人生訓として役立つものや、仕事や学びに関するものなど、さまざまなものがあります。大槻文彦の格言を参考にして、より良い人生を送るためのヒントを得ていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました