森喬以 – 被爆で散った動物学者

森喬以 – 被爆で散った動物学者

森喬以の生涯

森喬以の生涯

-森喬以の生涯-

森喬以は、1916年5月11日、広島県広島市に生まれました。広島高等師範学校附属中学校(現・広島大学附属高等学校)を経て、1939年、東京帝国大学理学部動物学科に入学しました。在学中は、昆虫学者を志し、特にハチの研究に没頭しました。

1943年に大学を卒業後は、京都帝国大学理学部動物学科の助手として勤務しました。しかし、1945年8月6日、広島に原子爆弾が投下され、森喬以は被爆しました。森喬以は、爆心地から約1.5kmの自宅で被爆、即死しました。享年わずか29歳でした。

森喬以の死は、日本の動物学界に大きな衝撃を与えました。森喬以は、将来を嘱望されていた若き有望な研究者であり、彼の死は、動物学界にとって大きな損失となりました。また、森喬以の死は、広島原爆の悲惨さを物語る一つの象徴として、今日でも語り継がれています。

森喬以の研究

森喬以の研究

森喬以の研究

森喬以は、動物学者として、主に鳥類の研究を行っていました。特に、渡り鳥の研究に情熱を注いでおり、渡り鳥の生態や行動を解明するために、多くの研究を行いました。

森喬以は、渡り鳥の研究のために、多くの野外観察や実験を行いました。また、国内外の研究者と協力して、渡り鳥の研究を進めました。その結果、渡り鳥の生態や行動について、多くの重要な発見をしました。

森喬以の研究は、渡り鳥の研究に大きな貢献をしました。また、森喬以の研究は、自然保護や環境保全にも役立っています。

森喬以の研究の主な内容は以下の通りです。

* 渡り鳥の生態と行動の研究
* 渡り鳥の渡りルートの研究
* 渡り鳥の渡り時期の研究
* 渡り鳥の渡り速度の研究
* 渡り鳥の渡り高度の研究
* 渡り鳥の渡りのエネルギー消費の研究
* 渡り鳥の渡りの遺伝子の研究
* 渡り鳥の渡りの環境要因の研究

森喬以の研究は、渡り鳥の研究に大きな貢献をしました。また、森喬以の研究は、自然保護や環境保全にも役立っています。

森喬以の死

森喬以の死

-森喬以の死-

森喬以は、1945年8月6日、広島で被爆しました。国立広島文理科大学で動物学の助教授をしていた森は、自宅から1.5キロ離れた大学へ向かう途中でした。爆風で吹き飛ばされ、やけどを負い、瓦礫の下敷きになりました。

森は、必死に瓦礫の中から這い出しましたが、すでに手遅れでした。全身やけどを負い、体はひどく損傷していました。森は、爆心地からわずか2キロの広島赤十字病院に搬送されましたが、8月8日に死亡しました。

森の死は、日本だけでなく、世界中の動物学者に大きな衝撃を与えました。森は、動物学の分野で多くの業績を残しており、彼の死は大きな損失でした。

森の死後、広島赤十字病院には、森の遺体を悼む人々が集まりました。森の同僚や学生、そして動物を愛する人々が、森の死を惜しみ、彼の冥福を祈りました。

森の死は、核兵器の恐ろしさを世界に知らしめるものでした。森の死は、核兵器の廃絶を求める運動をさらに強めるものとなりました。

森の死後、彼の遺体は広島市内の寺に葬られました。森の墓には、彼の功績を称える碑が建てられています。森の墓は、毎年多くの動物学者や動物を愛する人々が訪れる場所となっています。

タイトルとURLをコピーしました