山崎篤利:江戸時代後期の国学者

山崎篤利:江戸時代後期の国学者

山崎篤利の生涯と業績

山崎篤利の生涯と業績

– 山崎篤利の生涯と業績

山崎篤利(1799-1858)は、江戸時代後期の国学者です。彼は、古事記や日本書紀などの古典を研究し、その成果を『玉勝間』や『本草学綱要』などの著書にまとめました。また、彼は家塾を開き、多くの弟子を育てました。

篤利は、播磨国姫路藩(現在の兵庫県姫路市)に生まれました。幼少期から学問に優れ、16歳の時に江戸に遊学しました。江戸では、儒学者である朱舜水を師事し、儒教を学びました。また、国学者である賀茂真淵や本居宣長にも師事し、国学を学びました。

篤利は、26歳の時に姫路藩に帰国しました。帰国後は、家塾を開き、多くの弟子を育てました。また、彼は、古事記や日本書紀などの古典を研究し、その成果を『玉勝間』や『本草学綱要』などの著書にまとめました。

篤利の著書は、国学の発展に大きな影響を与えました。特に、『玉勝間』は、古事記や日本書紀の注釈書として、多くの国学者に重用されました。また、『本草学綱要』は、本草学の入門書として、多くの医学者に読まれました。

篤利は、1858年に姫路藩で死去しました。享年59歳でした。篤利の死後は、その弟子たちが彼の学問を受け継ぎ、国学の発展に貢献しました。

山崎篤利と平田篤胤

山崎篤利と平田篤胤

– 山崎篤利と平田篤胤

山崎篤利と平田篤胤は、江戸時代後期の国学者であり、日本の歴史や文化に対して大きな影響を与えた人物です。

山崎篤利は、1760年に現在の埼玉県に生まれ、1833年に亡くなりました。彼は、江戸に出てから医学を学び、その後、国学を研究するようになりました。篤利は、日本の古文書や歴史書などを研究し、日本の歴史や文化について、独自の解釈を展開しました。

平田篤胤は、1776年に現在の岩手県に生まれ、1843年に亡くなりました。彼は、江戸に出てから、儒学を学び、その後、国学を研究するようになりました。篤胤は、日本の古文書や歴史書などを研究し、日本の歴史や文化について、独自の見解を展開しました。

篤利と篤胤は、同じ時期に国学を研究しており、親交がありました。篤利は、篤胤の学説に大きな影響を受け、篤胤は、篤利の学説を支援しました。篤利と篤胤は、国学の発展に大きな役割を果たしました。

山崎篤利の著作

山崎篤利の著作

山崎篤利の著作

山崎篤利は日本古来の思想や文化を研究し、日本の伝統を重んじるべきだと主張した国学者でした。彼は多くの著作を残しており、その中には「本居宣長全集」や「古事記伝」などの代表作があります。

「本居宣長全集」は本居宣長の著作を集めたもので、宣長の思想や学問を学ぶ上で欠かせない文献です。篤利は宣長の門人であり、宣長の思想に大きな影響を受けていました。この全集は宣長の思想を広く世に広めることに貢献しました。

「古事記伝」は日本の最古の歴史書である「古事記」を注釈したもので、古事記を深く理解するために欠かせない文献です。篤利は古事記に込められた日本の伝統や文化を明らかにし、日本の伝統を重んじるべきだと主張しました。

篤利の著作は日本の伝統文化を研究する上で貴重な資料であり、彼の思想は現代にも大きな影響を与えています。

タイトルとURLをコピーしました