赤松太庾-江戸時代中期の儒者

赤松太庾-江戸時代中期の儒者

赤松太庾の生涯

赤松太庾の生涯

赤松太庾の生涯

赤松太庾は、江戸時代中期の儒者です。1687年、京都に生まれました。幼い頃から聡明で、13歳の時に、京都の儒学者である伊藤仁斎に入門しました。伊藤仁斎の死後、白井篤に師事しました。

1715年、28歳の時に、京都に私塾を開き、多くの門弟を育てました。1728年には、徳川吉宗の命により、幕府の儒官に任命されました。1736年に、50歳の時に、大坂に転居し、私塾を開きました。1744年に、57歳の時に、京都に戻り、私塾を開きました。

1748年、61歳の時に、没しました。赤松太庾は、儒教の経典を研究し、多くの著書を残しました。その中でも、代表的な著作は、「三教指掌」です。「三教指掌」は、儒教、仏教、道教の三教の教義を比較検討した書物です。赤松太庾は、儒教を最も優れた教義であると主張し、仏教と道教を批判しました。

赤松太庾の儒学は、江戸時代の儒学に大きな影響を与えました。赤松太庾の門下からは、多くの儒者が輩出し、江戸時代の儒学をリードしました。赤松太庾は、江戸時代中期の儒学を代表する学者の一人です。

赤松太庾の学問

赤松太庾の学問

-赤松太庾の学問-

赤松太庾(あくまつ たいゆう、1651年10月10日 – 1739年4月28日)は、江戸時代中期の儒者。字は伯起、号は東涯。通称は弥右衛門、のち伊右衛門。

京都に生まれ、17歳の時に江戸に出て、林羅山の門下に入った。22歳の時に、徳川綱吉時代の学問所である昌平坂学問所(昌平黌)の儒員に任じられた。32歳の時に、綱吉が学問所を大学と改称した際に、大学頭取に任じられた。

太庾は、儒教の経典を研究し、多くの著述を残した。その中でも、特に有名なのが『東涯随筆』である。『東涯随筆』は、太庾が日常の見聞や感想を綴ったもので、江戸時代の社会や文化を知る上での貴重な資料となっている。

また、太庾は、詩文にも優れており、多くの詩文を残した。その中でも、特に有名なのが『東涯詩集』である。『東涯詩集』は、太庾が生涯に詠んだ詩を集めたもので、太庾の詩人としての才能をうかがうことができる。

太庾は、儒教を日本に広め、日本文化の発展に貢献した。その功績は大きく、今日でも多くの学者から敬意を払われている。

赤松太庾の著作

赤松太庾の著作

-赤松太庾の著作-

赤松太庾は、江戸時代中期の儒者、哲学者であり、朱子学を批判し、陽明学を導入したことで知られる。彼の著作は、当時の思想界に大きな影響を与え、儒教の新しい方向性を提示した。

赤松太庾の著作で最も有名なのは『近思録』である。この書は、陽明学の根本的な思想を説いたもので、人間は本来、善であり、その善を養うことで、聖人となることができるということが説かれている。また、この書では、心の修養の重要性が強調されており、心の修養によって、人間は自分の本性を明らかにすることができ、正しい行動をとることができるようになるということなどが説かれている。

『近思録』以外にも、赤松太庾は多くの著作を残している。その中には、『四書集義』、『易経集義』、『春秋集義』、『論語集義』などがあり、これらはすべて、儒教の経典を注釈したものである。これらの著作の中には、朱子学の考え方を批判したものが多くあり、赤松太庾の朱子学批判が、当時の思想界に与えた影響の大きさをうかがうことができる。

赤松太庾は、朱子学を批判し、陽明学を導入することで、儒教に新しい方向性を提示した。彼の著作は、当時の思想界に大きな影響を与え、儒教の新しい方向性を提示した。

タイトルとURLをコピーしました