三田村篤志郎 – 日本脳炎の伝播を解明した病理学者

三田村篤志郎 – 日本脳炎の伝播を解明した病理学者

三田村篤志郎の生涯と功績

三田村篤志郎の生涯と功績

三田村篤志郎の生涯と功績

三田村篤志郎は、1903年に熊本県に生まれ、1984年に東京都で亡くなった病理学者です。彼は、日本脳炎の伝播を解明し、その予防に貢献しました。

三田村篤志郎は、1927年に東京帝国大学を卒業し、1931年に医学博士号を取得しました。その後、東京帝国大学医学部病理学教室に助手として勤務し、1939年に教授に就任しました。

三田村篤志郎は、1938年に日本脳炎の伝播を解明しました。彼は、日本脳炎ウイルスが蚊によって媒介されることを発見し、日本脳炎の流行地域に蚊の駆除を行うことで日本脳炎の発生を抑えることができることを示しました。

三田村篤志郎の業績は、日本脳炎の予防に大きく貢献しました。日本脳炎は、致死率の高い病気ですが、三田村篤志郎の研究のおかげで、日本脳炎の発生は大きく減少しました。

三田村篤志郎は、1963年に日本学士院賞を受賞し、1971年に文化勲章を受章しました。彼は、1984年に80歳で亡くなりました。

三田村篤志郎は、日本脳炎の伝播を解明し、その予防に貢献した偉大な病理学者です。彼の業績は、今日でも日本脳炎の予防に役立っています。

日本脳炎の蚊による伝播の研究

日本脳炎の蚊による伝播の研究

– 日本脳炎の蚊による伝播の研究

三田村篤志郎は、日本では初めて日本脳炎が蚊によって伝播することを発見した病理学者です。1935年、彼は日本脳炎ウイルスの保有者であるコガタアカイエカの蚊が、日本脳炎の患者を吸血することでウイルスを摂取し、それを他の健康な人に吸血することで感染させることを明らかにしました。その後も、三田村は日本脳炎のワクチン開発に貢献し、日本脳炎の予防活動に尽力しました。

三田村は、1897年に愛媛県に生まれ、東京帝国大学医学部を卒業しました。その後、同大学の病理学教室で助手として勤務し、1925年に教授に就任しました。1935年、彼は日本脳炎ウイルスの保有者であるコガタアカイエカの蚊が、日本脳炎の患者を吸血することでウイルスを摂取し、それを他の健康な人に吸血することで感染させることを明らかにしました。

三田村の研究は、日本脳炎の予防に大きく貢献しました。1947年に日本脳炎のワクチンが開発され、1950年には日本脳炎の予防接種が開始されました。その後、日本脳炎の感染者は大幅に減少しましたが、現在でも毎年数千人の患者が発生しています。

三田村は、1962年に亡くなりましたが、彼の研究は現在でも日本脳炎の予防に役立っています。三田村の功績をたたえて、1963年に日本脳炎ウイルスの研究に貢献した研究者に贈られる「三田村篤志郎賞」が設立されました。

著作と業績

著作と業績

– 三田村篤志郎 – 日本脳炎の伝播を解明した病理学者
-# 著作と業績

三田村篤志郎は、日本脳炎の伝播を解明し、その予防と治療に大きく貢献した病理学者です。1889年、新潟市に生まれ、1914年に東京帝国大学医科大学を卒業後、同大学病理学教室に入局しました。その後、熊本の第五高等学校、東京帝国大学、東京女子医科大学で教鞭をとり、1936年に東京帝国大学医学部教授になりました。

三田村篤志郎の最大の功績は、日本脳炎の伝播を解明し、その予防と治療に大きく貢献したことです。日本脳炎は、蚊を媒介とするウイルス感染症で、脳炎、髄膜炎、脳神経障害を引き起こします。当時、日本脳炎は致死率が高く、有効な治療法もありませんでした。

三田村篤志郎は、日本脳炎の病理学的変化を研究し、ウイルスが脳に侵入すると、脳の神経細胞が破壊され、炎症が起こることを明らかにしました。また、日本脳炎のウイルスが蚊の卵巣に感染し、蚊の子孫に伝播することを発見しました。この発見は、日本脳炎の予防と治療に大きな進展をもたらしました。

三田村篤志郎は、日本脳炎の予防と治療に関する研究以外にも、病理学の分野で多くの業績を残しました。1924年に、血清反応を用いた梅毒の診断法を確立しました。また、1930年に、日本住血吸虫の病理学的変化を明らかにしました。1936年には、東京帝国大学医学部教授に就任し、病理学教室の主任を務めました。

三田村篤志郎は、1945年に、脳出血のため急逝しました。しかし、彼の研究成果は、日本脳炎の予防と治療に大きく貢献し、現在でも多くの医師や研究者に影響を与えています。

三田村篤志郎の著作には、以下のものがあります。

* 『日本脳炎の病理組織学的変化』(1921年)
* 『血清反応による梅毒の診断法』(1924年)
* 『日本住血吸虫の病理組織学的変化』(1930年)
* 『日本脳炎の病原及び伝染経路』(1936年)
* 『病理学総論』(1943年)

タイトルとURLをコピーしました