造船工学の父 山本武蔵の一生

造船工学の父 山本武蔵の一生

山本武蔵の生い立ちと教育

山本武蔵の生い立ちと教育

-造船工学の父 山本武蔵の一生-

-山本武蔵の生い立ちと教育-

山本武蔵は、1857年(安政4年)3月3日、土佐国高知城下(現・高知県高知市)に生まれた。幼名は藤吉。父は山本順蔵、母はかね。山本家は代々船大工を営む家柄で、武蔵も幼い頃から船づくりに興味を持った。

武蔵が12歳の時、土佐藩が洋式造船所を設立した。武蔵は、この造船所で働きながら、洋式造船法を学んだ。武蔵は、独学で英語を学び、海外の造船書を読み漁った。

1873年(明治6年)、武蔵は、政府の命によりイギリスに留学した。武蔵は、グラスゴー大学で造船工学を学び、1879年(明治12年)に帰国した。

武蔵は、帰国後、海軍省造船局に勤務した。武蔵は、造船局で、日本の近代造船業の基礎を築いた。武蔵は、国内初の鋼鉄製軍艦「扶桑」の建造に携わり、1897年(明治30年)には、海軍造船総監に任命された。

武蔵は、1920年(大正9年)に退官するまで、日本の造船界の発展に尽力した。武蔵は、1933年(昭和8年)に76歳で亡くなった。

欧米への留学と研究

欧米への留学と研究

-欧米への留学と研究-

山本武蔵は、1857年(安政4年)に長崎県に生まれました。1873年(明治6年)に東京大学工学部に入学し、1877年(明治10年)に卒業しました。卒業後は、工部省に入省し、造船局(現在の三菱重工長崎造船所)に勤務しました。造船局では、日本初の国産蒸気船である「明治丸」の建造に携りました。

1885年(明治18年)に、山本武蔵は工部省を退職し、欧米に留学しました。イギリスのグラスゴー大学で造船工学を学び、1888年(明治21年)に卒業しました。その後、ドイツのベルリン大学に留学し、1890年(明治23年)に卒業しました。

欧米留学から帰国後、山本武蔵は、東京工業学校(現在の東京大学工学部)の教授に就任しました。東京工業学校では、造船工学科を創設し、日本の造船工学の基礎を築きました。1896年(明治29年)には、日本造船学会を創設しました。

山本武蔵は、日本の造船工学の父と呼ばれています。日本の造船工学の発展に大きく貢献し、近代日本の産業発展に貢献しました。

理論造船学の開拓と教育

理論造船学の開拓と教育

-理論造船学の開拓と教育-

山本武蔵は、日本の造船工学の父と呼ばれており、日本の造船工学の発展に大きく貢献した人物です。特に、理論造船学の開拓と教育において、大きな功績を残しました。

山本武蔵は、1872年に東京に生まれました。1894年に東京帝国大学工科大学造船学科を卒業し、1897年にロンドン大学に留学して造船工学を学びました。1900年に帰国して東京帝国大学に戻り、造船学科の教授を務めました。

山本武蔵は、理論造船学の研究に早くから取り組み、造船工学の基礎となる理論を確立しました。また、1908年に東京帝国大学に造船実験所を設立し、造船工学の研究と教育を推進しました。

山本武蔵は、造船工学の教育にも力を入れ、多くの優秀な造船技術者を育成しました。また、造船工学に関する多くの著書を著し、日本の造船工学の発展に大きく貢献しました。

山本武蔵は、1943年に東京帝国大学の総長に就任しましたが、1945年に死去しました。しかし、その功績は今もなお語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました