横井時冬 – 明治時代の経済史学者

横井時冬 – 明治時代の経済史学者

横井時冬の生涯

横井時冬の生涯

-# 横井時冬の生涯

横井時冬(よこい・ ときふゆ、1855年11月3日 – 1928年5月27日)は、明治時代の経済史学者である。法学博士、東京帝国大学教授。

1855年11月3日、備前国岡山城下(現・岡山県岡山市)に生まれる。1875年、東京大学予備門に入学し、1884年に東京大学法学部を卒業する。1887年、大学院を修了し、法学博士の学位を取得する。同年、東京帝国大学法科大学助教授に任命され、1893年には法科大学教授に昇進する。1901年、文部省の調査のため欧米を巡回し、1903年に帰国する。1908年、東京帝国大学総長に就任する。1912年、依願退官する。1928年5月27日、東京市本郷区森川町(現・東京都文京区本郷)の自宅で死去する。享年72。

横井時冬は、明治時代の経済史学の草分け的存在である。彼の著作は、日本の経済史研究に大きな影響を与えた。特に、彼の『日本経済史』(1893年)は、日本の経済史の通史として初めて編纂された著作である。『日本経済史』は、日本の経済史の全体像を明らかにし、その発展の過程を明らかにした。また、横井は、『経済史研究法』(1899年)を著し、経済史研究の方法論について論じた。この著作は、日本の経済史研究に大きな影響を与えた。

横井時冬は、日本の経済史研究に大きな貢献をした経済史学者である。彼の著作は、日本の経済史研究の基礎を築き、その発展に大きな影響を与えた。

横井時冬の業績

横井時冬の業績

-横井時冬の業績-

横井時冬は、明治時代の経済史学者であり、日本の経済史学の基礎を築いた一人である。彼の業績は、大きく分けて二つある。一つは、日本の経済史に関する実証的な研究であり、もう一つは、経済史学の理論的な研究である。

横井時冬の経済史に関する実証的な研究は、主に『日本経済史』にまとめられている。この著作は、日本の経済史を古代から明治まで通史的に叙述したものであり、その後の日本の経済史研究に大きな影響を与えた。横井時冬は、この著作で、日本の経済史を、原始社会、古代社会、封建社会、資本主義社会の四つの段階に分けて捉えた。そして、各段階における経済の構造と発展の法則を明らかにした。

横井時冬の経済史学の理論的な研究は、主に『経済学通論』と『経済史学原理』にまとめられている。『経済学通論』は、経済学の一般的理論を論じたものであり、『経済史学原理』は、経済史学の理論と方法論を論じたものである。横井時冬は、これらの著作で、経済学と経済史学の関係を明確にし、経済史学独自の理論と方法論を確立した。

横井時冬の業績は、日本の経済史学の発展に大きな貢献をした。彼の研究は、日本の経済史を明らかにし、経済史学の理論と方法論を確立した。彼の業績は、今日の日本の経済史学の基礎となっている。

横井時冬が残した功績

横井時冬が残した功績

横井時冬が残した功績

横井時冬は、明治時代の経済史学者であり、日本の経済史研究の草分け的存在です。彼は、日本の経済史を体系的に研究し、その成果を多くの著書や論文にまとめました。彼の功績は、日本の経済史研究の発展に大きく貢献したこと、そして、日本経済の近代化に寄与したことの2つに集約されます。

1. 日本の経済史研究の発展への貢献

横井時冬は、日本の経済史を体系的に研究した最初の人物です。それまで、日本の経済史は断片的で、体系的な研究は行われていませんでした。横井時冬は、日本の経済史を時代ごとに分けて研究し、それぞれの時代の経済の特徴を明らかにしました。また、彼は、日本の経済史を世界史の文脈の中で研究し、日本の経済史が世界史の中でどのような位置を占めているのかを明らかにしました。

横井時冬の研究は、日本の経済史研究の発展に大きな貢献をしました。彼の研究成果は、日本の経済史の教科書や論文に引用され、日本の経済史研究の基礎となりました。また、彼の研究成果は、日本の経済政策の立案にも役立てられました。

2. 日本経済の近代化への貢献

横井時冬は、日本の経済の近代化に寄与しました。彼は、日本の経済政策を立案し、それを実行に移したのです。横井時冬の経済政策は、日本の経済の近代化を促進し、日本の経済成長に貢献しました。

横井時冬の経済政策の最も重要な点は、財政政策と金融政策の整備です。彼は、財政政策と金融政策を整備することで、日本の経済を安定させ、日本の経済成長を促進しました。また、彼は、産業政策を整備することで、日本の産業の発展を促進しました。

横井時冬の経済政策は、日本の経済の近代化に大きな貢献をしました。彼の経済政策は、日本の経済成長を促進し、日本の経済の国際化を促進しました。

タイトルとURLをコピーしました