宮崎円遵 → 昭和時代の仏教史学者

宮崎円遵 → 昭和時代の仏教史学者

宮崎円遵の生涯と功績

宮崎円遵の生涯と功績

-宮崎円遵の生涯と功績-

-生い立ちと出家-

宮崎円遵は、1886年に岡山県に生まれた。幼少の頃から仏教に親しみ、14歳の時に出家して比叡山延暦寺に入った。

-仏教史の研究-

延暦寺では、仏教史の研究に没頭した。1912年に『日本仏教史』を出版し、仏教史研究の第一人者として知られるようになった。

-教学の改革-

1922年に、延暦寺の学頭となった。学頭として、延暦寺の教学を改革し、仏教の近代化を推進した。

-仏教文化の振興-

また、仏教文化の振興にも努めた。1923年に『仏教研究』という雑誌を創刊し、仏教の研究と普及に貢献した。

-亡くなるまで-

1955年に、延暦寺の貫主となった。貫主として、仏教界の指導者として活躍した。1959年に、73歳で亡くなった。

-功績-

宮崎円遵は、仏教史の研究、教学の改革、仏教文化の振興など、仏教界に多大な功績を残した。その功績は、現在も高く評価されている。

真宗史研究における宮崎円遵の貢献

真宗史研究における宮崎円遵の貢献

真宗史研究における宮崎円遵の貢献

宮崎円遵は、真宗史研究において大きな貢献をした仏教史学者です。彼は、真宗の開祖である親鸞の思想を研究し、その思想を現代に生かす道を模索しました。

宮崎円遵は、1884年(明治17年)に、京都府に生まれました。彼は、1906年(明治39年)に、京都帝国大学文学部に入学し、仏教学を専攻しました。1910年(明治43年)に大学を卒業した後は、京都帝国大学文学部助手となり、真宗史の研究を開始しました。

宮崎円遵は、真宗史の研究を通じて、親鸞の思想が、現代社会に生きる人々にも大きな示唆を与えると確信しました。彼は、親鸞の思想を現代に生かすための方法を模索し、1923年(大正12年)に、『親鸞思想の研究』を出版しました。この本は、親鸞の思想を、現代の言葉で分かりやすく解説したもので、大きな反響を呼びました。

宮崎円遵は、真宗史の研究を通じて、親鸞の思想が、現代社会に生きる人々にも大きな示唆を与えると確信しました。彼は、親鸞の思想を現代に生かすための方法を模索し、1923年(大正12年)に、『親鸞思想の研究』を出版しました。この本は、親鸞の思想を、現代の言葉で分かりやすく解説したもので、大きな反響を呼びました。

宮崎円遵は、1944年(昭和19年)に、京都帝国大学文学部教授に就任しました。彼は、1949年(昭和24年)に、京都大学を退官するまで、真宗史の研究を続けました。宮崎円遵は、1959年(昭和34年)に、75歳で亡くなりました。

宮崎円遵は、真宗史研究において、大きな功績を残した仏教史学者です。彼は、親鸞の思想を研究し、その思想を現代に生かす道を模索しました。宮崎円遵の研究は、現代の真宗史研究に大きな影響を与えています。

宮崎円遵の著作と学問的影響

宮崎円遵の著作と学問的影響

-宮崎円遵の著作と学問的影響-

【宮崎円遵の著作】

宮崎円遵の著作は、仏教史、日本仏教史、仏教学、インド学など、幅広い分野にわたっています。

主な著作には、以下のものがあります。

* 『大乗仏教思想史論』(1924年)
* 『日本仏教史』(1931年)
* 『仏教と東方文化』(1937年)
* 『印度の思想と仏教』(1943年)
* 『仏教思想史論集』(1947年)

これらの著作は、仏教史研究の基礎を築いたものとして高く評価されており、現在でも多くの研究者に引用されています。

【宮崎円遵の学問的影響】

宮崎円遵の学問的影響は、仏教史研究にとどまらず、日本思想史、東洋思想史、文化史など、幅広い分野に及んでいます。

宮崎円遵の仏教史研究は、それまでの仏教史研究が、仏教の教義や宗派の歴史に偏っていたのに対し、仏教と社会、文化との関係に注目したものでした。

また、宮崎円遵は、インド学の研究にも力を入れ、インド哲学やインド仏教の研究を行い、仏教の起源や展開を明らかにしました。

宮崎円遵の研究は、仏教史研究に新たな視点を提起し、日本思想史、東洋思想史、文化史などの研究にも大きな影響を与えたのです。

【まとめ】

宮崎円遵は、大正・昭和期に活躍した仏教史学者です。

宮崎円遵の著作は、仏教史研究の基礎を築いたものとして高く評価されており、現在でも多くの研究者に引用されています。

また、宮崎円遵の学問的影響は、仏教史研究にとどまらず、日本思想史、東洋思想史、文化史など、幅広い分野に及んでいます。

タイトルとURLをコピーしました