宮本康昭-昭和後期から平成時代の裁判官, 弁護士

宮本康昭-昭和後期から平成時代の裁判官, 弁護士

宮本康昭の生い立ちと経歴

宮本康昭の生い立ちと経歴

-宮本康昭の生い立ちと経歴-

宮本康昭は、1935年(昭和10年)に東京都に生まれた。父は宮本武之輔、母は宮本タケである。武之輔は、内務省の官僚であり、後に東京都副知事を務めた。タケは、主婦である。

宮本康昭は、幼少期から秀才として知られていた。東京大学法学部を首席で卒業し、司法試験に一発で合格した。その後、裁判官として東京地方裁判所、東京高等裁判所、最高裁判所に勤務した。

1990年(平成2年)、宮本康昭は最高裁判所判事に就任した。2003年(平成15年)には、最高裁判所長官に就任した。2006年(平成18年)に退官するまで、最高裁判所長官を務めた。

宮本康昭は、退官後も弁護士として活躍した。また、法務省の司法制度改革審議会委員や、日本弁護士連合会の会長も務めた。2019年(令和元年)に死去した。

宮本康昭は、昭和後期から平成時代の日本の司法界を代表する人物の一人である。最高裁判所長官として、司法の独立と国民の権利を守るために尽力した。また、弁護士として、弱者のために戦い続けた。その功績は、今日でも多くの人々に語り継がれている。

最高裁による再任拒否事件と論議

最高裁による再任拒否事件と論議

-最高裁による再任拒否事件と論議-

宮本康昭は、昭和後期から平成時代の裁判官、弁護士である。1931年(昭和6年)に東京府(現東京都)で生まれ、1954年(昭和29年)に東京大学法学部を卒業後、司法修習生となる。1956年(昭和31年)に判事補となり、1966年(昭和41年)に東京地方裁判所判事に昇進する。その後、東京高等裁判所判事、最高裁判所調査官などを歴任し、1991年(平成3年)に最高裁判事に任命される。

宮本康昭は、最高裁判事として数多くの判決に関与したが、その中でも特に注目を集めたのが、1995年(平成7年)に発生した最高裁による再任拒否事件である。

この事件は、最高裁判所が、定年を迎えた裁判官の再任を拒否するというものであった。再任を拒否された裁判官は、宮本康昭ともう一人の裁判官の2名であり、再任拒否の理由は、この2名が最高裁の運営に支障をきたすおそれがあるというものであった。

この再任拒否事件は、司法の独立を侵害するものであり、最高裁の権威を低下させるものであるとして、世論から強い批判を浴びた。また、この事件は、最高裁の人事権をめぐる問題を浮き彫りにし、最高裁の運営の透明性や説明責任のあり方について議論を巻き起こした。

再任拒否事件を受けて、最高裁は、最高裁判事の定年を70歳から75歳に引き上げるという法改正を行った。また、最高裁の人事権については、透明性や説明責任を確保するため、最高裁判所の人事委員会を設置するということも検討された。

しかし、最高裁判所の人事委員会の設置については、最高裁の独立性を損なうものであるとして、反対意見も強い。最高裁の人事権をめぐる問題は、現在もなお、議論が続いている。

退官後の活動と東京経済大学教授就任

退官後の活動と東京経済大学教授就任

– 退官後の活動と東京経済大学教授就任

宮本康昭氏は、定年退官後も精力的に活動を続けた。2006年には、東京経済大学の教授に就任した。東京経済大学では、法学部の民事法学科で教鞭を執り、民法や民事訴訟法の講義を担当した。また、同大学の大学院法学研究科でも、民法や民事訴訟法の講義を担当した。

宮本氏は、東京経済大学の教授に就任したことを機に、民法や民事訴訟法の研究にもさらに力を入れ、多くの論文を発表した。また、裁判官時代の経験を生かして、民法や民事訴訟法に関する講演会やシンポジウムにも多数参加した。

宮本氏は、東京経済大学の教授在任中に、民法や民事訴訟法に関する著作も数多く出版した。その代表的な著作としては、『民法総則』(有斐閣、2008年)、『民事訴訟法』(有斐閣、2010年)、『民法講義』(有斐閣、2012年)などがある。

宮本氏は、東京経済大学の教授を2016年に定年退職した。しかし、退職後も引き続き、大学や研究機関で研究や教育活動を続けている。また、弁護士としても活動しており、民事事件や刑事事件の弁護を引き受けている。

宮本氏は、裁判官時代と同様に、退官後も民法や民事訴訟法の発展に貢献している。そして、その功績は学界や法曹界で高く評価されている。

タイトルとURLをコピーしました