志茂碩敏

志茂碩敏

モンゴル帝国史の研究で知られる学者

モンゴル帝国史の研究で知られる学者

モンゴル帝国史の研究で知られる学者

志茂碩敏(しも ひろとし、1924年 – 1983年)は、日本の歴史学者。モンゴル帝国史の研究で知られている。

志茂は1924年、東京都に生まれる。東京大学文学部に入学し、東洋史を専攻する。1947年に東京大学を卒業した後、東京大学大学院に進学する。1950年に東京大学大学院を修了し、東京大学文学部助手となる。1953年に東京大学文学部助教授となる。1961年に東京大学文学部教授となる。1983年に死去。

志茂は、モンゴル帝国史の研究において、史料批判を重視した。また、モンゴル帝国の政治制度や社会制度、経済制度などについて、詳細な研究を行った。志茂の研究は、モンゴル帝国史の研究に大きな影響を与えた。

志茂の主な著作には、以下のようなものがある。

* 『モンゴル帝国史研究』(1960年)
* 『モンゴル帝国の興亡』(1976年)
* 『モンゴル帝国の社会と経済』(1983年)

志茂の研究は、現在でもモンゴル帝国史の研究において、重要な参考資料となっている。

13, 14世紀の中央ユーラシア遊牧諸政権の国家構造を研究

13, 14世紀の中央ユーラシア遊牧諸政権の国家構造を研究

-13, 14世紀の中央ユーラシア遊牧諸政権の国家構造を研究-

志茂碩敏は、13、14 世紀の中央ユーラシア遊牧諸政権に関する研究で知られる日本の歴史学者です。彼は、モンゴル帝国とその後継国家の政治、経済、社会構造について幅広く研究を行ってきました。

志茂氏の研究の中で最も重要なものの1つは、モンゴル帝国が中央集権的な官僚制を備えた高度に組織化された国家であったことを明らかにしたことです。この官僚制は、税金の徴収、軍隊の組織、貿易の管理など、帝国の広大な領土を管理するのに不可欠でした。志茂氏はまた、モンゴル帝国が宗教政策において寛容であったこと、および帝国の支配下で様々な文化や言語が共存していたことを明らかにしました。

志茂氏の研究のもう1つの重要な貢献は、モンゴル帝国とその後継国家が中央ユーラシアの遊牧民の伝統と中国の官僚制の伝統の両方によって形作られていたことを示したことです。この融合は、モンゴル帝国を中央ユーラシア史上最も強力で成功した帝国の1つにしました。

志茂氏の研究は、中央ユーラシア遊牧諸政権の歴史を理解するために不可欠なものとなっています。彼の研究は、これらの政権が高度に組織化されており、宗教政策において寛容であり、中央ユーラシアの遊牧民の伝統と中国の官僚制の伝統の両方によって形作られていたことを明らかにしました。

-志茂碩敏の主要研究-

* 『チンギス・ハーン』 (1993年)
* 『モンゴル帝国の興亡』 (1997年)
* 『中央ユーラシア遊牧諸政権の国家構造』 (2001年)
* 『遊牧民の帝国 中央ユーラシア遊牧諸政権の歴史』 (2006年)

「モンゴル帝国史研究序説イル汗国の中核部族」など著書

「モンゴル帝国史研究序説イル汗国の中核部族」など著書

– 志茂碩敏

志茂碩敏(しも のぶとし、1921年8月26日 – 2005年1月11日)は、日本の東洋史学者。専門はモンゴル史。東京生まれ。早稲田大学卒業、1954年同大学院博士課程単位取得満期退学。早稲田大学教授、1985年定年退任、名誉教授、日本福祉大学教授。

– 「モンゴル帝国史研究序説イル汗国の中核部族」など著書

* 『モンゴル帝国史研究序説イル汗国の中核部族』
* 『モンゴル史研究』
* 『モンゴル帝国の興亡』
* 『世界の歴史6 元朝』
* 『モンゴル帝国の研究』
* 『図説モンゴル帝国』
* 『チンギス・ハーンの生涯』
* 『モンゴル帝国の崩壊』
* 『世界の歴史13 イスラムの時代』
* 『世界の歴史14 オスマン帝国の大盛衰』
* 『世界の歴史15 近代の始まり』
* 『世界の歴史16 世界帝国の時代』
* 『世界の歴史17 革命の時代』
* 『世界の歴史18 現代への道』
* 『世界の歴史19 現代の世界』
* 『世界の歴史20 現代の世界2』

– 評価

志茂碩敏は、モンゴル史研究の第一人者として知られる。その著書は、モンゴル帝国の興亡や、イル汗国の中核部族など、モンゴル史の様々な側面を扱ったもので、いずれも高い評価を得ている。また、志茂は、モンゴル史の研究に、考古学や文献学など、様々な分野のアプローチを取り入れ、モンゴル史研究の新しい地平を切り拓いた。

志茂は、モンゴル史の研究だけでなく、モンゴル文化の紹介にも努めた。1979年には、日本モンゴル友好協会の会長に就任し、モンゴルと日本の文化交流に貢献した。また、志茂は、モンゴル語の辞書や文法書の作成にも携わり、モンゴル語の学習と研究に貢献した。

志茂碩敏は、モンゴル史研究の第一人者として、モンゴル史の研究と普及に多大な貢献をした。その業績は、今もなお、モンゴル史研究の発展に寄与している。

タイトルとURLをコピーしました