ー「磯田道史」ー歴史地震研究家

ー「磯田道史」ー歴史地震研究家

磯田道史の生い立ちと学歴

磯田道史の生い立ちと学歴

-磯田道史の生い立ちと学歴-

磯田道史は1970年2月19日に石川県金沢市に生まれました。幼少期から歴史に興味を持ち、地元の図書館で歴史書を読みふけっていました。金沢市立鳴和中学校、石川県立金沢泉丘高等学校卒業後は、1990年に京都大学文学部史学科に入学しました。

大学では日本史を専攻し、在学中に阪神・淡路大震災を経験します。この震災をきっかけに、地震の歴史に興味を持つようになり、卒業論文では「江戸時代の地震被害と復興」をテーマに取り上げました。

1995年に大学を卒業後、磯田は京都大学大学院文学研究科に進学します。大学院では、日本近世史を専攻し、博士論文では「江戸時代の地震被害と復興」をテーマに研究しました。2000年に博士号を取得し、京都大学文学部助手として採用されました。

2002年に、磯田は京都府立大学文学部助教授に就任し、2008年に准教授に昇進しました。2014年に、京都大学文学部准教授に就任し、2017年に教授に昇進しました。

磯田は、地震の歴史研究の第一人者として知られており、多くの著書や論文を発表しています。また、テレビやラジオなどのメディアにも出演し、地震の歴史について解説しています。

磯田道史の研究分野と業績

磯田道史の研究分野と業績

磯田道史の研究分野と業績

磯田道史は、歴史地震研究の第一人者として知られています。彼の研究分野は、日本列島の地震史の解明と、地震による災害の軽減策の開発です。

磯田道史の業績として、以下のものが挙げられます。

* 1996年に発生した兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)の調査において、地震の発生機構を解明し、地震による被害を予測する手法を開発しました。
* 2011年に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の調査において、地震の発生機構を解明し、津波による被害を予測する手法を開発しました。
* 2016年に発生した熊本地震の調査において、地震の発生機構を解明し、地震による被害を予測する手法を開発しました。

磯田道史の研究成果は、地震による災害の軽減策の開発に役立てられており、人々の生命と財産を守ることに貢献しています。

磯田道史は、彼の研究成果を一般の人々に伝えるために、テレビや新聞などのメディアに出演したり、講演会を開催したりしています。また、著書を出版し、地震の危険性を啓発しています。

磯田道史の研究成果と啓発活動は、人々が地震の危険性を認識し、地震による災害に備えることに役立っています。

磯田道史の受賞歴と社会貢献

磯田道史の受賞歴と社会貢献

磯田道史の受賞歴と社会貢献

-受賞歴-

磯田道史氏は、その功績を称えられ、多くの賞を受賞しています。主な受賞歴は以下の通りです。

* 2006年第3回山本七平賞(山本七平記念財団)
* 2007年第35回新田次郎文学賞(新田次郎記念文学賞運営委員会)
* 2009年第7回天神山文化賞(天神山文化賞運営委員会)
* 2010年第3回伊藤整文学賞(伊藤整記念財団)
* 2011年第49回菊池寛賞(菊池寛賞運営委員会)
* 2012年第25回読売文学賞(読売新聞社)
* 2013年第9回本屋大賞(本屋大賞運営委員会)
* 2014年第28回山本周五郎賞(山本周五郎賞選考委員会)
* 2015年第14回司馬遼太郎賞(司馬遼太郎記念財団)

-社会貢献-

磯田道史氏は、その研究成果を社会に還元し、多くの人々の役に立てるように努めています。例えば、2011年の東日本大震災の後には、被災地を訪れて、被災者の方々を激励し、復興を支援するための活動を行いました。また、歴史地震の研究成果を活かして、地震防災の啓発活動にも取り組んでいます。

磯田道史氏は、その研究成果を社会に還元し、多くの人々の役に立てるように努めています。その功績は、多くの賞を受賞し、社会からも高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました