日置英剛 – 教育者と『新・国史大年表』

日置英剛 – 教育者と『新・国史大年表』

日置英剛の人物像

日置英剛の人物像

-日置英剛の人物像-

日置英剛は、1881年(明治14年)に東京に生まれました。東京帝国大学史学科を卒業後、文部省に入省し、1922年(大正11年)に文部大臣秘書官に就任しました。その後、東京帝国大学教授、学習院教授を歴任し、1946年(昭和21年)に東京教育大学学長に就任しました。

日置英剛は、日本の歴史教育に大きな影響を与えた人物です。1929年(昭和4年)に『新・国史大年表』を刊行し、日本の歴史を系統的に整理した年表を作成しました。この年表は、日本の歴史教育に広く用いられ、日本史の知識の普及に貢献しました。

また、日置英剛は、歴史教育の重要性を説き、歴史教育の充実を図りました。1947年(昭和22年)に公布された新しい教育基本法において、歴史教育は「国民の自覚と責任感を養うため」に「欠くことのできない教科」であるとされました。これは、日置英剛の主張が反映されたものとされています。

日置英剛は、1951年(昭和26年)に亡くなりました。しかし、彼の歴史教育に対する功績は今もなお語り継がれています。

日置英剛の教育者としての功績

日置英剛の教育者としての功績

日置英剛の教育者としての功績

日置英剛は、教育者として、多くの学生を指導し、日本の歴史教育に大きな貢献をしました。彼は、1922年に東京帝国大学文学部史学科を卒業後、すぐに東京高等師範学校(現・筑波大学)の教授に就任しました。そして、1930年には、東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)の教授に転任しました。

日置英剛は、東京高等師範学校と東京女子高等師範学校で、日本の歴史を教えました。彼は、講義の中で、日本の歴史を体系的に整理し、学生にわかりやすく説明しました。また、彼は、学生に史料を読み解く方法を教え、歴史研究の基礎を築かせました。

日置英剛は、教育者として、多くの学生を指導しました。彼の教えを受けた学生の中には、後に歴史学者として活躍する者が多くいます。例えば、歴史学者の井上清は、東京高等師範学校で日置英剛の講義を受け、その影響を受けて歴史学者になりました。また、歴史学者の中村哲は、東京女子高等師範学校で日置英剛の講義を受け、その影響を受けて歴史学者になりました。

日置英剛は、教育者として、日本の歴史教育に大きな貢献をしました。彼の講義を受けた学生たちは、後に歴史学者として活躍し、日本の歴史研究の発展に貢献しました。また、日置英剛は、『新・国史大年表』の編集にも携わり、日本の歴史の研究と普及に貢献しました。

日置英剛の執筆・編纂者としての功績

日置英剛の執筆・編纂者としての功績

-日置英剛の執筆・編纂者としての功績-

日置英剛は、教育者としてのみならず、執筆者・編纂者としても数々の功績を残した。その中でも最も有名なのが、『新・国史大年表』である。

『新・国史大年表』は、日本の歴史を年表形式でまとめたもので、1969年に初版が発行された。日置英剛は、この年表の執筆・編纂に携わり、その正確さと網羅性で高い評価を受けた。

『新・国史大年表』は、その後も何度か改訂を重ね、現在では第13版まで発行されている。この年表は、学校教育や研究者にとって欠かせない資料となり、日置英剛の執筆・編纂者としての功績を象徴するものとなっている。

また、日置英剛は、雑誌『歴史教育』の創刊にも携わり、その編集委員を長く務めた。この雑誌は、歴史教育に関する論文や資料を掲載する専門誌であり、歴史教育の発展に大きな役割を果たしてきた。

日置英剛は、執筆者・編纂者として、日本の歴史教育の発展に大きく貢献した。その功績は、今日でも高く評価されている。

タイトルとURLをコピーしました