「大森清一」

「大森清一」

明治から昭和時代の形成外科学者

明治から昭和時代の形成外科学者

-「大森清一」-

-明治から昭和時代の形成外科学者-

大森清一(おおもり せいいち、1872年6月15日 – 1946年1月12日)は、明治から昭和時代の形成外科学者であり、日本における形成外科学の開祖。

-人物・生涯-

1872年(明治5年)、兵庫県に生まれる。旧制第一高等学校を経て、1897年(明治30年)に東京帝国大学医科大学を卒業する。1900年(明治33年)にドイツに留学し、1902年(明治35年)に帰国。1903年(明治36年)に東京帝国大学医科大学に助手として赴任し、1907年(明治40年)に同助教授に就任する。1911年(明治44年)に同教授に就任し、1922年(大正11年)に同大学を退職する。

退職後は、東京府豊多摩郡中野町(現・東京都中野区)に開設した大森外科病院の院長として勤務する。1924年(大正13年)に東京帝国大学附属病院に形成外科を開設し、1927年(昭和2年)に同科主任教授に就任する。1932年(昭和7年)には文部省留学生としてフランスに留学する。1933年(昭和8年)に帰国後、東京慈恵会医科大学教授に就任し、1946年(昭和21年)に死去する。

-行跡・業績-

大森清一は、日本における形成外科学の開祖である。同氏は、東京帝国大学医科大学に形成外科を開設し、同科主任教授として多くの弟子を育成した。また、同氏は、日本形成外科学会や日本形成外科学雑誌を創設するなど、日本における形成外科学の発展に大きく貢献した。

同氏の研究業績は多岐にわたっているが、特に頭蓋顔面領域の形成外科学に関する研究で知られている。同氏は、1913年(大正2年)に「顔面整形術」を出版し、頭蓋顔面領域の形成外科学に関する体系的な解説を行った。また、同氏は、1916年(大正5年)に「脳ヘルニア」を出版し、頭蓋顔面領域の形成外科学に関する多くの症例を報告した。

同氏は、日本における形成外科学の開祖であり、同氏が行った研究や業績は、同分野の発展に大きく貢献した。同氏は、日本における形成外科学の父とも称される。

-著作-

* 「顔面整形術」(1913年)
* 「脳ヘルニア」(1916年)
* 「形成外科学」(1922年)
* 「形成外科学総論」(1932年)
* 「形成外科学各論」(1933年)

国際美容外科学会の会長も務める

国際美容外科学会の会長も務める

「大森清一」国際美容外科学会の会長も務める

美容外科医、大森清一氏は、国際美容外科学会(ISAPS)の会長も務めています。ISAPSは、世界で最も権威のある美容外科学会であり、世界各国から約4,000名の会員が所属しています。大森氏は、2019年にISAPSの会長に就任し、現在は2期目を務めています。

大森氏は、1954年に和歌山県に生まれ、大阪大学医学部を卒業後、美容外科医として開業しました。その後、渡米してニューヨーク大学で美容外科を学び、帰国後は大阪大学医学部で助手、講師を務めました。2004年に大阪大学を退職し、現在は大森美容外科の院長を務めています。

大森氏は、美容外科の第一人者として、数多くの論文を発表し、国内外の学会で講演を行っています。また、美容外科の安全性を向上させるための活動にも積極的で、2010年に日本美容外科学会の会長に就任し、現在は2期目を務めています。

国際美容外科学会の会長を務める大森氏は、世界を舞台に美容外科の発展に貢献しており、その功績は高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました