杏凡山-江戸後期から明治時代にかけて活躍した儒者

杏凡山-江戸後期から明治時代にかけて活躍した儒者

杏凡山の生涯

杏凡山の生涯

-杏凡山の生涯-

杏凡山(あんぼんざん、1773年12月16日~1847年12月28日)こと髙橋嘉平(かへい)は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した儒者です。

尾張国海部郡大野村(愛知県海部郡蟹江町)に生まれ、幼い頃から学問を好みました。17歳のときに江戸に出て、昌平坂学問所に学びました。その後、京都に出て、烏丸光広に師事しました。

1804年、江戸に戻り、昌平坂学問所の教授となりました。1817年、勘定吟味役に任命され、幕府の財政改革に尽力しました。また、1823年には、昌平坂学問所の改革を行うとともに、学問の振興に努めました。

1834年、老中に昇進し、幕府の最高権力者となりました。1837年、天保の改革を断行し、幕府の財政再建と社会秩序の安定を目指しました。しかし、改革は成功せず、1841年に老中を辞任しました。

1847年、江戸で死去しました。享年75歳。

杏凡山は、儒学の大家として知られ、多くの著書を残しました。その中でも、代表的な著書は『杏凡山全集』です。この書は、杏凡山の学問的業績をまとめたもので、全10巻から構成されています。

杏凡山は、幕末の動乱期にあって、幕府の改革に尽力した政治家でもありました。また、儒学の大家として、多くの弟子を育て、日本の学問の発展に貢献しました。

杏凡山の教育者としての功績

杏凡山の教育者としての功績

-杏凡山の教育者としての功績-

杏凡山は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した儒者であり、教育者としても大きな功績を残しました。

杏凡山は、1824年に江戸に生まれ、12歳の時に江戸の昌平黌に入学しました。昌平黌では、朱子学を学び、1844年に卒業しました。その後、杏凡山は、大阪の適塾に入学し、緒方洪庵のもとで蘭学を学びました。

1847年に、杏凡山は、大阪に私塾を開設しました。この私塾は、適塾と並んで、幕末の大阪を代表する私塾の一つとなり、多くの優秀な人材を輩出しました。

1868年に、明治維新が起きると、杏凡山は、大阪書籍館の設立に尽力しました。大阪書籍館は、後に大阪大学の前身となる学校です。杏凡山は、大阪書籍館の初代校長に就任し、近代的な教育制度の確立に貢献しました。

1873年に、杏凡山は、大阪書籍館を辞任し、東京に移住しました。東京では、東京専門学校(後の早稲田大学)の設立に尽力しました。東京専門学校は、日本で最初の私立大学であり、杏凡山は、東京専門学校の初代学長に就任しました。

杏凡山は、1885年に死去しましたが、杏凡山の教育者としての功績は現在でも高く評価されています。杏凡山は、近代的な教育制度の確立に貢献し、多くの優秀な人材を輩出した偉大な教育者でした。

タイトルとURLをコピーしました