飯島春敬:明治から平成にかけて活躍した書道家

飯島春敬:明治から平成にかけて活躍した書道家

明治から昭和にかけての書道の再興と普及

明治から昭和にかけての書道の再興と普及

-明治から昭和にかけての書道の再興と普及-

明治維新後、日本は大きく近代化し、社会構造も大きく変化しました。その中で書道もまた、そのあり方を大きく変えていきました。

それまでの書道は、もっぱら上流階級や知識階級の人々の間で嗜まれるものでありました。しかし、明治維新後は庶民の間にも教育が普及し、書道も庶民に親しまれるようになりました。

また、明治政府は書道を国民教育の一環として位置づけ、小学校で書道の授業を必修化しました。これにより、書道は国民の間で広く普及し、書の文化が根付いていきました。

この時期、書道界では、新しい書の表現方法が模索されました。それまでの書道は、もっぱら古典的な書風の模倣が主流でしたが、明治維新後は新しい時代の風潮を反映して、新しい書風が次々と生み出されました。

その中でも代表的な書風が「近代書道」です。近代書道は、それまでの書道を否定し、新しい書の表現方法を模索した書風です。近代書道の代表的な書家には、島崎宗久、中林梧竹、日下部鳴鶴などがいます。

近代書道の誕生により、書道はそれまでとは異なる新しい道を歩み始めました。そして、明治から昭和にかけての書道の再興と普及は、今日の書道界の発展の礎となったのです。

古筆の収集と研究

古筆の収集と研究

-古筆の収集と研究-

飯島春敬は、明治から平成にかけて活躍した書道家であり、古筆の収集と研究でも知られています。

飯島春敬は、1853年(嘉永6年)に江戸に生まれました。1873年(明治6年)に渡米し、ニューヨークやサンフランシスコで書道を教えていました。1883年(明治16年)に帰国し、東京で書道塾を開き、書道を教えていました。

飯島春敬は、古筆の収集と研究にも力を注ぎました。1893年(明治26年)に、東京美術学校(現在の東京藝術大学)の教授に就任し、古筆の研究を深めました。飯島春敬は、古筆の収集と研究を通じて、日本の書道の歴史を明らかにし、書道の発展に貢献しました。

飯島春敬は、古筆の収集と研究を通じて、多くの貴重な古筆を収集しました。これらの古筆は、現在、東京国立博物館や京都国立博物館などに所蔵されています。飯島春敬の古筆の収集と研究は、日本の書道の歴史を明らかにし、書道の発展に貢献しました。

飯島春敬は、1936年(昭和11年)に83歳で逝去しました。飯島春敬の書道と古筆の収集と研究は、日本の書道の歴史に大きな影響を与えました。

書道史の研究と著作

書道史の研究と著作

-書道史の研究と著作-

飯島春敬は、書道史の研究にも力を注ぎ、多くの著作を執筆しました。

飯島春敬は、書道史の研究に早くから関心を持ち、明治20年(1887年)に「書道史」を、翌明治21年(1888年)に「書道史要」を出版しました。どちらも、中国や日本の書道の歴史について、簡潔にまとめたもので、書道史を学ぶ入門書として広く読まれました。

飯島春敬は、書道史の研究だけでなく、書道の理論や技法についても多くの著作を執筆しました。

明治22年(1889年)に出版された「書道酬知」は、書道の基本的な技法や、書道の歴史について解説したもので、書道の入門書として広く読まれました。

明治27年(1894年)に出版された「書道論」は、書道の理論や技法について、より深く研究したもので、書道家の間で高い評価を得ました。

飯島春敬の著作は、書道史の研究や、書道の理論や技法について、多くの貴重な知見を示しており、現代の書道家にも大きな影響を与えています。

タイトルとURLをコピーしました