「飯吉光夫」

「飯吉光夫」

満州(中国東北部)奉天(現瀋陽)出身。

満州(中国東北部)奉天(現瀋陽)出身。

-「飯吉光夫」-

-満州(中国東北部)奉天(現瀋陽)出身。-

飯吉光夫は、1927年10月11日に満州(中国東北部)奉天(現瀋陽)に生まれた。彼の父は満州鉄道の職員であり、彼の母は主婦であった。飯吉光夫は、4人兄弟の末っ子であった。

飯吉光夫は、奉天の小学校と中学校に通った。彼は、成績優秀で、運動も得意であった。特に、野球が大好きで、チームのエースピッチャーであった。

1945年、飯吉光夫は、17歳の時に満州から引き揚げてきた。彼は、東京都立第一中学校に入学し、その後、慶應義塾大学に進学した。彼は、大学卒業後、商社に就職した。

飯吉光夫は、商社に勤めながら、大学院で経営学を学び、経営学修士号を取得した。その後、彼は、商社の役員に昇進し、海外支社の責任者として、世界各地に赴任した。

飯吉光夫は、1995年に退職した。その後、彼は、経営コンサルタントとして独立し、中小企業の経営支援を行った。また、彼は、社会貢献活動にも積極的に参加し、NPO法人の理事長を務めた。

飯吉光夫は、2010年に死去した。享年82歳であった。

飯吉光夫は、満州生まれの日本人であり、激動の時代に生きた人物であった。彼は、商社マンとして成功を収め、社会貢献活動にも積極的に参加した。飯吉光夫の生涯は、満州の歴史と日本の経済発展の歴史を物語るものである。

ドイツ現代詩、とくにパウル=ツェランの研究で知られる。

ドイツ現代詩、とくにパウル=ツェランの研究で知られる。

-ドイツ現代詩、とくにパウル=ツェランの研究で知られる。-

飯吉光夫は、ドイツ現代詩、特にパウル=ツェランの研究で知られる日本のドイツ文学者、翻訳家である。1935年に東京に生まれ、1958年に東京大学文学部独文科を卒業。その後、1964年に東京大学大学院人文科学研究科独文専攻博士課程を修了し、文学博士を取得。

飯吉光夫は、1965年から1967年までドイツのハイデルベルク大学に留学し、パウル=ツェランの研究を行った。帰国後は、東京大学教養学部助教授、教授、総合文化研究科教授を歴任し、2001年に定年退官した。

飯吉光夫は、パウル=ツェランの詩の翻訳や評論を発表し、日本のパウル=ツェラン研究の第一人者として知られている。また、ドイツ現代詩のアンソロジーの編纂や、ドイツ文学の翻訳にも携わった。

飯吉光夫は、2012年に逝去した。

東大卒。著作に「パウル・ツェラン」、訳書に「現代ドイツ幻想小説」など。

東大卒。著作に「パウル・ツェラン」、訳書に「現代ドイツ幻想小説」など。

飯吉光夫

東大卒。著作に「パウル・ツェラン」、訳書に「現代ドイツ幻想小説」など。

飯吉光夫は、1935年生まれのドイツ文学者です。東京大学文学部独文科を卒業後、ドイツに留学しました。帰国後は、東京大学教養学部でドイツ語の教鞭をとり、1999年に定年退官しました。

飯吉光夫の著作には、「パウル・ツェラン」(1988年)、「現代ドイツ幻想小説」(1991年)などがあります。また、ゲーテの「若きウェルテルの悩み」やトーマス・マンの「魔の山」などの翻訳も手がけています。

飯吉光夫は、ドイツ文学の研究者としてだけでなく、ドイツ文学の翻訳者としても活躍しました。彼の翻訳は、正確で読みやすく、ドイツ文学の日本における普及に貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました