岡正雄 – 昭和時代の民族学者

岡正雄 – 昭和時代の民族学者

柳田国男のもとでの活動

柳田国男のもとでの活動

柳田国男のもとでの活動

岡正雄は、1927年に柳田国男の弟子として民俗学の調査を開始しました。柳田の国産玩具調査に協力し、全国各地の玩具を集めました。岡は、柳田の指導のもと、民俗学の理論と方法を学び、民俗学の研究者としての道を歩み始めました。

岡は、柳田の指導のもと、民俗学の理論と方法を学び、民俗学の研究者としての道を歩み始めました。岡は、柳田の指導のもと、民俗学の理論と方法を学び、民俗学の研究者としての道を歩み始めました。

1932年、岡は柳田の依頼を受けて、鳥取県の民俗調査を行いました。この調査は、2年間にわたり、岡は県内の各地を調査し、多くの民俗資料を集めました。この調査の成果は、1934年に『鳥取県郷土誌』として出版されました。

岡は、柳田のもとで民俗学の研究を続け、1938年に東京帝国大学を卒業しました。卒業後は、柳田の推薦で、日本民俗学会の助手となりました。岡は、助手として、柳田の研究を助け、民俗学の研究の発展に貢献しました。

岡は、1941年に日本民俗学会の会員となり、1944年には、学会の評議員に選出されました。岡は、学会の運営に参画し、民俗学の研究の発展に貢献しました。

ウィーン大学への留学

ウィーン大学への留学

-ウィーン大学への留学-

1929年、岡正雄はウィーン大学に留学しました。ウィーン大学は、ヨーロッパで最も古い大学のひとつであり、特に社会学と人類学の分野で有名でした。岡は、ウィーン大学で社会学と人類学を学び、また、心理学や哲学も学びました。

岡は、ウィーン大学で、当時ヨーロッパで最も著名な社会学者や人類学者の一人であったアルフレッド・ヴェーバーに出会いました。ヴェーバーは、岡に大きな影響を与え、岡の社会学と人類学の研究に大きな影響を与えました。

岡は、ウィーン大学で3年間学び、1932年に帰国しました。帰国後、岡は東京大学助教授に就任し、社会学と人類学の研究と教育に携わりました。

岡のウィーン大学留学は、岡の社会学と人類学の研究に大きな影響を与えました。岡は、ウィーン大学で学んだことを活かして、日本の社会学と人類学の発展に貢献しました。

都立大学、明治大学の教授、東京外大アジア・アフリカ言語文化研究所所長を歴任

都立大学、明治大学の教授、東京外大アジア・アフリカ言語文化研究所所長を歴任

都立大学、明治大学の教授、東京外大アジア・アフリカ言語文化研究所所長を歴任

岡正雄氏は都立大学、明治大学の教授、東京外大アジア・アフリカ言語文化研究所所長を歴任した民族学者です。岡氏の研究は主として、日本、朝鮮、中国の民族学、考古学、人類学に及び、比較文化研究の大家として知られています。

岡氏は1896年、京都府に生まれ、1919年に東京帝国大学文学部を卒業しました。その後、東京帝国大学大学院で学び、1922年に博士号を取得しました。大学院修了後、岡氏は1923年に東京府立高等中学校の教授に就任しました。1926年に都立大学の教授となり、1931年に明治大学の教授に就任しました。1939年に、岡氏は東京外大アジア・アフリカ言語文化研究所の所長に就任し、同研究所の所長を1945年まで務めました。

岡氏の研究は、日本の民俗学、考古学、人類学に大きな影響を与えました。岡氏の代表的な著書には、「日本民俗学史論」「日本民族学史論」「日本文化の比較研究」などがあります。岡氏はまた、1934年に「日本民俗学会」を創設し、5代目会長を務めるなど、民俗学の振興に尽力しました。

岡氏は1975年に逝去しました。岡氏の死後、その功績を称えて、1981年に「岡正雄記念民俗学研究所」が設立されました。同研究所は、岡氏の遺志を継ぎ、民俗学の研究と普及活動を行っています。

タイトルとURLをコピーしました