猪飼道夫:運動生理学の研究と東京大学での教授職

猪飼道夫:運動生理学の研究と東京大学での教授職

猪飼道夫の生涯と経歴

猪飼道夫の生涯と経歴

-猪飼道夫の生涯と経歴-

猪飼道夫は1924年3月15日に徳島県阿南市に生まれました。1942年に徳島県立徳島中学校を卒業した後、京都帝国大学医学部に進学しました。1947年に京都帝国大学医学部を卒業し、京都帝国大学医学部助手となりました。1952年に京都大学医学部講師となり、1959年に京都大学医学部教授に昇進しました。1971年に東京大学医学部教授に就任し、1989年に東京大学を定年退職しました。

猪飼道夫は、運動生理学の分野で多くの業績を上げました。1954年に、運動時の酸素摂取量と心拍数との関係に関する研究で日本生理学会賞を受賞しました。1964年には、運動時の筋肉のエネルギー代謝に関する研究でアメリカ生理学会賞を受賞しました。1971年には、運動時の疲労に関する研究で国際生理学会賞を受賞しました。

猪飼道夫は、運動生理学の分野において世界的な権威として知られており、多くの研究者や学生を指導しました。また、日本生理学会会長や日本運動生理学会会長などの要職を歴任しました。1994年に逝去しました。

東京大学での教授職と運動生理学の研究

東京大学での教授職と運動生理学の研究

東京大学での教授職と運動生理学の研究

猪飼道夫氏は、東京大学医学部で1967年に教授に就任し、1992年に退官するまで25年間、教授として在職しました。その間、同氏は運動生理学の分野で数多くの重要な研究を行い、運動生理学の発展に大きく貢献しました。

猪飼氏の研究は、主に筋肉の疲労と回復のメカニズムに焦点を当てていました。同氏は、筋肉疲労の原因として、筋肉中のATPの枯渇と乳酸の蓄積が重要であることを明らかにしました。また、筋肉の回復を促進する因子として、筋肉中のグリコーゲンの貯蔵量や血液中の酸素供給量などが重要であることを明らかにしました。

猪飼氏の研究は、運動生理学の分野に大きな影響を与え、現在でも多くの研究者によって引用されています。また、猪飼氏は、東京大学医学部で多くの優秀な研究者を育成し、運動生理学の発展に貢献しました。

猪飼氏は、1992年に東京大学を退官した後も、運動生理学の研究を続けました。同氏は、2003年に「運動生理学の基礎」という著書を出版し、運動生理学の基礎知識をわかりやすく解説しました。また、猪飼氏は、2005年に「運動生理学の最前線」という著書を出版し、運動生理学の最新の研究成果を紹介しました。

猪飼氏は、2018年に95歳で亡くなりましたが、同氏の研究成果は、現在でも多くの研究者によって引用されており、運動生理学の発展に大きく貢献しています。

トレッドミルの日本への導入と著書

トレッドミルの日本への導入と著書

-トレッドミルの日本への導入と著書-

猪飼道夫は、1960年にトレッドミルを日本に初めて導入しました。トレッドミルは、歩行やランニングの運動を室内で行うことができる機械で、運動生理学の研究やリハビリテーションなどに使用されます。猪飼は、トレッドミルを導入したことで、運動生理学の研究をより進歩させることができました。

猪飼は、1963年に東京大学教授に就任しました。東京大学では、運動生理学の研究室を設立し、多くの学生を指導しました。猪飼は、運動生理学の分野で多くの業績を残し、日本における運動生理学の発展に貢献しました。

猪飼は、運動生理学に関する多くの著書を執筆しました。代表的な著書には、「運動生理学」(1966年)、「運動と心臓」(1972年)、「運動と健康」(1978年)などがあります。これらの著書は、運動生理学の基礎から応用までを幅広く網羅しており、運動生理学を学ぶ学生や研究者にとって貴重な資料となっています。

猪飼は、1989年に東京大学を定年退職しました。退職後は、日本体育協会の会長や、日本学術会議の会員などを歴任しました。猪飼は、2012年に89歳で亡くなりました。

タイトルとURLをコピーしました