幕末・明治時代の儒者、教育者 → 岡村閑翁

幕末・明治時代の儒者、教育者 → 岡村閑翁

大和郡山の藩校教授を務めた岡村閑翁

大和郡山の藩校教授を務めた岡村閑翁

-大和郡山の藩校教授を務めた岡村閑翁-

岡村閑翁は、幕末・明治時代の儒者、教育者です。大和郡山の藩校教授を務め、多くの弟子を育てました。

閑翁は、1812年(文化9年)に、大和国郡山藩士の家に生まれました。幼い頃から学問を好み、15歳で藩校の教授となりました。藩校では、儒学を教え、多くの弟子を育てました。

1868年(慶応4年)、明治維新が勃発すると、閑翁は藩校の廃校に伴い、教職を辞しました。その後、私塾を開いて、引き続き弟子を育てました。

1880年(明治13年)、閑翁は、大阪に儒学者の団体「扶桑儒教社」を設立しました。扶桑儒教社は、儒学の普及と振興を目的とした団体で、閑翁は初代社長を務めました。

1891年(明治24年)、閑翁は、79歳で死去しました。閑翁は、儒学の普及と振興に尽力した人物として知られており、多くの弟子を育て、日本の近代化に貢献しました。

吉田松陰、伴林光平らと交流し、尊皇攘夷運動に参加した岡村閑翁

吉田松陰、伴林光平らと交流し、尊皇攘夷運動に参加した岡村閑翁

吉田松陰、伴林光平らと交流し、尊皇攘夷運動に参加した岡村閑翁

岡村閑翁は、幕末・明治時代の儒者、教育者です。諱は惟信、字は子明、通称は郁太郎。閑翁は号です。1827年、越前国福井藩士、岡村橘太郎の子として生まれました。

閑翁は幼少の頃から聡明で、8歳で藩校明倫館に入学しました。15歳で江戸に出て、昌平黌で学びました。昌平黌では、吉田松陰、伴林光平らと交流し、尊皇攘夷運動に参加しました。

1854年、ペリー来航によって幕府が日米和親条約を締結すると、閑翁は江戸城に登城して、幕府を批判しました。そのため、幕府から追放され、福井藩に帰国しました。

閑翁は福井藩で、尊皇攘夷運動を続けました。1863年、長州藩の久坂玄瑞らと、天誅組を結成して挙兵しました。しかし、天誅組は幕府軍に敗北し、閑翁は捕らえられて処刑されました。

閑翁は、尊皇攘夷運動に身を投じた志士の一人でした。彼の死は、明治維新への道を切り開くこととなりました。

維新後は小学校、中学校の教員として活躍した岡村閑翁

維新後は小学校、中学校の教員として活躍した岡村閑翁

-維新後は小学校、中学校の教員として活躍した岡村閑翁-

岡村閑翁は、幕末・明治時代の儒者、教育者です。越後国古志郡(現在の新潟県長岡市)に生まれ、幼少期から漢学を学びました。長じて江戸に出て、昌平黌で学び、経学を専攻しました。

維新後は、郷里の長岡に戻り、私塾を開いて子弟を教育しました。また、長岡藩の学校改革にも参画し、小学校、中学校の創設に尽力しました。明治6年(1873年)には、長岡中学校の初代校長に就任しました。

岡村閑翁は、校長として、生徒たちに「仁義礼智信」を説き、人格教育を重視しました。また、新しい教育方法を取り入れ、生徒たちの自主性を尊重しました。その功績により、明治15年(1882年)には、文部省から表彰されました。

明治18年(1885年)、岡村閑翁は、長岡中学校を退職し、東京に移りました。その後、東京専門学校(現在の早稲田大学)の教授に就任し、漢学を講義しました。明治34年(1901年)、岡村閑翁は、74歳で亡くなりました。

岡村閑翁は、幕末・明治時代の教育界に大きな功績を残した人物です。その教育理念は、現在でも多くの教育者に受け継がれています。

タイトルとURLをコピーしました