伊ケ崎暁生 – 昭和後期・平成時代の教育学者

伊ケ崎暁生 – 昭和後期・平成時代の教育学者

1930年生まれの教育学者

1930年生まれの教育学者

1930年生まれの教育学者

・伊ケ崎暁生(1930-2010)東京都生まれ。東京大学教育学部卒業。

・1957年、東京大学教育学部助手となる。

・1961年、東京大学教育学部講師となる。

・1965年、東京大学教育学部助教授となる。

・1970年、東京大学教育学部教授となる。

・1976年、東京大学教育学部長となる。

・1980年、国立教育研究所長となる。

・1985年、東京大学退官。

・1986年、放送大学教授となる。

・1991年、放送大学退官。

・1992年、福山大学教授となる。

・1995年、福山大学退官。

・その後、日本女子大学名誉教授、日本教育学会会長、日本比較教育学会会長、日本学校教育学会会長などを歴任。

・2010年、逝去。享年80。

伊ケ崎暁生は、戦後の日本の教育学の発展に貢献した教育学者である。教育学のさまざまな分野で研究を行い、多くの業績を残した。特に、比較教育学の分野で優れた業績をあげ、国際的に高い評価を得た。また、教育行政にも携わり、国立教育研究所長や放送大学教授を歴任した。

伊ケ崎暁生の教育学への貢献は大きく、その業績は今日でも多くの教育研究者に影響を与えている。

日教組設立の国民教育研究所の所員

日教組設立の国民教育研究所の所員

-日教組設立の国民教育研究所の所員-

伊ケ崎暁生は、日教組設立の国民教育研究所の所員としても知られています。国民教育研究所は、1946年に日教組が設立した教育研究機関であり、教育課程や教育方法の研究、教師の研修などを行っていました。伊ケ崎は、国民教育研究所の設立当初から所員として参加し、教育課程や教育方法の研究に従事しました。

伊ケ崎は、国民教育研究所で、児童一人ひとりの個性を尊重した教育課程の研究に取り組みました。伊ケ崎は、児童の個性は多様であり、画一的な教育課程では児童の個性を伸ばすことができないと主張しました。そこで、伊ケ崎は、児童の個性を尊重した教育課程を研究し、実践しました。

伊ケ崎は、また、国民教育研究所で、教師の研修にも取り組みました。伊ケ崎は、教師が児童の個性を尊重した教育を実践するためには、教師自身が児童の個性を理解することが重要であると主張しました。そこで、伊ケ崎は、教師の研修を行い、教師が児童の個性を理解し、尊重した教育を実践できるように指導しました。

伊ケ崎の研究と実践は、戦後の日本の教育に大きな影響を与えました。伊ケ崎の研究と実践は、児童一人ひとりの個性を尊重した教育の重要性を明らかにし、教師が児童の個性を尊重した教育を実践するための方法を示しました。伊ケ崎の研究と実践は、今日でも日本の教育に大きな影響を与え続けています。

富山国際大学教授

富山国際大学教授

-富山国際大学教授-

富山国際大学教授として、伊ケ崎暁生は教育学部の学部長も務めました。同大学では、教育学、心理学、社会学の分野で幅広く講義を行い、学生に多大な影響を与えました。伊ケ崎教授は、学生と深い信頼関係を築き、彼らの成長を全力でサポートしました。

伊ケ崎教授の講義は、常に学生の興味を惹きつけるものでした。彼は、教育学の理論や研究結果をわかりやすく説明するとともに、実際の事例を交えて、学生に理解を深めてもらうように努めました。また、伊ケ崎教授は学生の質問に丁寧に答え、学生の意見を尊重しました。

伊ケ崎教授は、学生の研究活動にも積極的に支援しました。彼は、学生の研究テーマを一緒に考え、研究方法をアドバイスしました。また、伊ケ崎教授は、学生の研究成果を学会や論文誌に発表する機会を提供しました。

伊ケ崎教授は、富山国際大学において、教育学の研究と教育に尽力しました。彼は、多くの学生を育て上げ、教育学の発展に貢献しました。伊ケ崎教授は、教育学者として、後世に大きな影響を残しました。

タイトルとURLをコピーしました