岡本千馬太 – 教育界と人格主義教育への貢献

岡本千馬太 – 教育界と人格主義教育への貢献

岡本千馬太の生涯

岡本千馬太の生涯

-岡本千馬太の生涯-

岡本千馬太は、1886年に東京市に生まれました。1911年に東京帝国大学を卒業し、高等師範学校に奉職しました。1917年にアメリカ合衆国に留学し、1920年に帰国しました。1922年に東京高等師範学校教授に就任し、1927年に東京帝国大学教授に就任しました。1930年に東京帝国大学総長に就任し、1933年に退任しました。1936年に貴族院議員に勅選され、1946年に公職追放になりました。1947年に東京大学総長に就任し、1951年に退任しました。1952年に文化勲章を受章しました。1958年に死去しました。

岡本千馬太は、日本の教育界に多大な貢献をしました。彼は、人格主義教育を提唱し、日本の教育改革に大きな影響を与えました。また、東京帝国大学総長として、日本の大学教育の発展に尽力しました。

岡本千馬太は、日本の教育界を代表する人物の一人です。彼の業績は、日本の教育界の発展に大きな影響を与えました。

東西南北会の結成と人格主義教育

東西南北会の結成と人格主義教育

-# 東西南北会の結成と人格主義教育

岡本千馬太は、東西南北会を結成し、人格主義教育の普及に努めました。東西南北会は、1926年に岡本が京都帝国大学教授時代に、京都大学と東京帝国大学の学生を集めて結成した研究会です。東西南北会の目的は、人格主義教育の研究と実践、および教育界における人格主義教育の普及です。

岡本は、東西南北会を通じて、人格主義教育の重要性を説き、教育界に大きな影響を与えました。岡本は、人格主義教育とは、生徒一人ひとりの人格を尊重し、生徒一人ひとりの個性を伸ばす教育であると主張しました。また、岡本は、人格主義教育は、生徒一人ひとりの人間としての可能性を最大限に引き出し、生徒一人ひとりが社会に貢献できる人物に育てる教育であるとも主張しました。

岡本の主張は、当時の人々にとって新鮮であり、教育界に大きな衝撃を与えました。そして、岡本の主張は、教育界に大きな変化をもたらしました。岡本の主張を受けて、人格主義教育は、日本の教育界で主流となり、今日に至るまで日本の教育に大きな影響を与えています。

東西南北会は、人格主義教育の普及に大きな役割を果たしました。そして、東西南北会は、日本の人格主義教育の歴史において、重要な役割を果たした研究会です。

岡本千馬太の教育思想と実践

岡本千馬太の教育思想と実践

岡本千馬太の教育思想と実践

岡本千馬太は、明治から昭和にかけて活躍した教育者であり、人格教育の重要性を主張した人物として知られています。彼は、教育は単に知識の伝授ではなく、人格の形成を目的とするものでなければならないと考え、そのためには教師の人格が重要であると説きました。

岡本千馬太の人格教育思想は、キリスト教的人間観に根ざしています。彼は、人間は神の似姿であり、尊厳ある存在であると信じ、教育は人間の人格を尊重し、その成長を助けるものでなければならないと考えました。そのためには、教師は生徒の人格を尊重し、生徒の立場に立って教育を行うことが重要であると説いています。

岡本千馬太は、人格教育を実践するために、生徒に自主性と責任感を育てることを重視しました。彼は、生徒に自分で考え、自分で判断し、自分で行動する機会を与えることが重要であると考え、そのために生徒が自主的に学習できるような環境づくりに努めました。また、生徒に責任感を持たせるために、生徒に自分の行為の結果を自分で責任を負わせるようにしました。

岡本千馬太の人格教育思想は、今日でもなお多くの教育者によって支持されています。彼の思想は、生徒の人格を尊重し、その成長を助ける教育を行う重要性を教えてくれています。

岡本千馬太の教育実践の具体例として、以下のようなものがあります。

・生徒に自分で考え、自分で判断し、自分で行動する機会を与えるために、生徒が自主的に学習できるような環境づくりに努めました。
・生徒に責任感を持たせるために、生徒に自分の行為の結果を自分で責任を負わせるようにしました。
・生徒の自主性を育てるために、生徒に自分の考えを自由に発表させるようにしました。
・生徒の責任感を育てるために、生徒に自分で自分の勉強の計画を立てさせました。
・生徒の人格を尊重するために、生徒の話をよく聞き、生徒の立場に立って考えました。

タイトルとURLをコピーしました