岡村輝彦 – 明治~大正時代の法学者

岡村輝彦 – 明治~大正時代の法学者

法学界の功績

法学界の功績

法学界の功績

岡村輝彦は、明治~大正時代の法学者であり、民法や商法の研究で知られています。法学界における彼の功績は大きく、民法典の起草や、商法の近代化に貢献しました。

民法典の起草では、岡村輝彦は、民法典起草委員会の委員として、民法典の条文の起草に携わりました。民法典は、日本の近代化の基礎となる法律であり、岡村輝彦の功績は高く評価されています。

商法の近代化では、岡村輝彦は、商法の改正委員として、商法の条文の改正に携わりました。商法の改正は、日本の商取引の近代化に貢献し、岡村輝彦の功績は大きく評価されています。

岡村輝彦は、法学界で大きな功績を残した法学者です。彼の功績は、日本の近代化に貢献し、今日でも高く評価されています。

経歴と人物像

経歴と人物像

-経歴と人物像-

岡村輝彦は、1864年(元治元年)に岡山に生まれ、1926年(大正15年)に東京で亡くなった法学者です。

岡村輝彦は、東京帝国大学で法律を学び、1890年(明治23年)に卒業しました。卒業後は、東京帝国大学法科大学で講師を務め、1893年(明治26年)に助教授に昇進しました。1897年(明治30年)には、教授に昇任しました。1921年(大正10年)には、帝国学士院会員に選出されました。

岡村輝彦は、民法と国際法を専門とし、多くの著作を残しています。主な著作としては、『民法講義』(1897年)、『国際法講義』(1901年)、『民法論集』(1913年)、『国際法論集』(1920年)などがあります。

岡村輝彦は、民法と国際法の分野で大きな功績を残した法学者です。彼の著作は、法学の発展に大きな影響を与えました。また、岡村輝彦は、帝国学士院会員に選出されるなど、学界で高い評価を受けていました。

岡村輝彦は、温厚で人柄の良い学者として知られていました。彼は、学生や後輩の面倒見がよく、多くの法学者を育てあげました。また、岡村輝彦は、社会問題にも関心が高く、労働問題や社会保障の問題に取り組んでいました。

岡村輝彦は、明治から大正にかけて活躍した法学者であり、民法と国際法の分野で大きな功績を残した人物です。彼の著作は、法学の発展に大きな影響を与え、彼の功績は今日でも高く評価されています。

残された業績

残された業績

残された業績

岡村輝彦は、明治~大正時代の法学者であり、日本の法学の発展に大きく貢献しました。彼の残した業績は多岐にわたりますが、その中でも特に重要なものは以下の通りです。

1. 民法典の起草作業への参加
岡村輝彦は、1890年に公布された日本初の民法典の起草作業に参加しました。彼は、民法典の総則編を担当し、民法典の体系・構造を確立する上で大きな役割を果たしました。

2. 商法典の起草作業への参加
岡村輝彦は、1899年に公布された日本初の商法典の起草作業にも参加しました。彼は、商法典の総則編・会社編を担当し、商法典の体系・構造を確立する上で大きな役割を果たしました。

3. 法律学の教育・研究への貢献
岡村輝彦は、1875年に東京大学法学部の初代教授に就任して以来、長年にわたり法学の教育・研究に尽力しました。彼は、民法・商法・国際法など幅広い分野で講義を行い、多くの優秀な法学者を輩出しました。

4. 法制審議会委員としての活動
岡村輝彦は、1890年に法制審議会委員に任命され、1922年までその職を務めました。彼は、法制審議会において、民法典・商法典の改正作業や、各種法律の起草作業などに携わり、日本の法制の整備に貢献しました。

5. 法律書の執筆
岡村輝彦は、多くの法律書を執筆しました。その中でも特に著名なものは、以下のようなものです。

* 民法総則論(1882年)
* 商法総則論(1890年)
* 国際法論(1899年)

岡村輝彦の法律書は、その学問的な正確さと明晰な文章で高く評価され、長年にわたり法学教育の教科書として使用されてきました。

以上のように、岡村輝彦は、明治~大正時代の法学の発展に大きく貢献しました。彼の残した業績は、今もなお日本の法学界に大きな影響を与えています。

タイトルとURLをコピーしました