櫛田民蔵 – 日本でマルクス経済学を台頭させた経済学者

櫛田民蔵 – 日本でマルクス経済学を台頭させた経済学者

経済学教授としての経歴

経済学教授としての経歴

-経済学教授としての経歴-

櫛田民蔵は、1914年に東京帝国大学経済学部を卒業し、そのまま助教授に就任しました。1917年には、教授に昇進し、1945年まで東京帝国大学で教鞭を執りました。その間、1923年には、マルクスの『資本論』の翻訳を完成させ、日本のマルクス経済学の発展に大きく貢献しました。また、1925年には、経済学の理論誌『経済評論』を創刊し、日本のマルクス経済学の拠点となりました。

1931年には、治安維持法違反容疑で逮捕され、1932年には、東京帝国大学を退職させられました。その後、駒澤大学や日本大学で教鞭を執しましたが、1937年には、再び治安維持法違反容疑で逮捕され、1940年には、懲役3年の実刑判決を受けました。1945年に釈放され、東京帝国大学に復職しましたが、1946年には、公職追放処分を受けました。

1947年には、公職追放が解除され、東京大学教授に復職しました。1949年には、経済学の理論誌『経済評論』を復刊し、日本のマルクス経済学の発展に再び貢献しました。1956年に、東京大学を退職し、東京経済大学教授に就任しました。1962年に、東京経済大学を退職し、専念に専念しました。1967年に、死去しました。

櫛田民蔵は、日本のマルクス経済学の発展に大きく貢献した経済学者でした。マルクスの『資本論』の翻訳や、経済学理論誌『経済評論』の創刊など、日本のマルクス経済学の発展に多大な影響を与えました。また、治安維持法違反容疑で逮捕され、懲役3年の実刑判決を受けるなど、弾圧にも屈せずに、日本のマルクス経済学の発展に貢献しました。

大原社会問題研究所での研究

大原社会問題研究所での研究

-大原社会問題研究所での研究-

1919年、櫛田民蔵は、社会問題の研究と啓蒙活動を行うことを目的として設立された大原社会問題研究所の初代所長に就任しました。大原社会問題研究所は、日本の社会科学研究の拠点として、多くの研究者や学生を輩出しましたが、櫛田民蔵は、その中心的人物として、研究所の運営や研究活動に尽力しました。

櫛田民蔵は、大原社会問題研究所において、マルクス経済学の研究を深めるとともに、日本の経済問題の分析に取り組みました。1923年には、著書『社会主義経済学原理』を発表し、日本のマルクス経済学の発展に大きな貢献を果たしました。また、1927年には、日本最初のマルクス経済学の専門誌『経済評論』を創刊し、マルクス経済学の普及に努めました。

櫛田民蔵は、大原社会問題研究所を拠点として、日本の経済問題の分析やマルクス経済学の普及に尽力し、日本の経済学の発展に大きな貢献を果たしました。

-櫛田民蔵のマルクス経済学研究の成果-

櫛田民蔵のマルクス経済学研究の成果は、以下の通りです。

* マルクス経済学の体系化と日本への紹介
* 日本の経済問題の分析と批判
* 社会主義経済学の原理の構築
* 経済評論の創刊

櫛田民蔵の研究は、日本の経済学の発展に大きな影響を与え、多くの研究者や学生を輩出しました。また、櫛田民蔵の研究は、日本の社会運動にも大きな影響を与え、日本の社会運動の発展に貢献しました。

マルクス経済学への貢献

マルクス経済学への貢献

-櫛田民蔵 – 日本でマルクス経済学を台頭させた経済学者-

-マルクス経済学への貢献-

櫛田民蔵は、日本におけるマルクス経済学の台頭に大きな貢献をした経済学者です。彼は、1896年に岡山県に生まれ、1922年に東京帝国大学经济学部を卒業しました。その後、大学院でマルクス経済学を研究し、1926年に博士号を取得しました。

櫛田は、マルクス経済学の研究において、特に資本主義経済の分析に焦点を当てました。彼は、資本主義経済が、労働者の搾取に基づいて成り立っていることを明らかにし、資本主義経済の矛盾を指摘しました。また、櫛田は、社会主義経済が資本主義経済よりも優れた経済体制であることを主張し、社会主義経済の建設を目指しました。

櫛田のマルクス経済学の研究は、日本の経済学者に大きな影響を与えました。櫛田の研究により、日本の経済学界にマルクス経済学が紹介され、マルクス経済学が日本の経済学界で重要な位置を占めるようになりました。また、櫛田の研究は、日本の社会主義運動にも大きな影響を与え、日本の社会主義運動の発展に貢献しました。

櫛田は、1972年に死去しましたが、彼のマルクス経済学の研究は、今もなお、日本の経済学者や社会主義運動家に大きな影響を与えています。櫛田の研究は、日本の経済学界の発展に大きな貢献をしただけでなく、日本の社会主義運動の発展にも大きな貢献をしたのです。

櫛田のマルクス経済学への貢献は、以下の3点にまとめることができます。

1. 資本主義経済の分析における労働者搾取の指摘
2. 資本主義経済の矛盾の指摘
3. 社会主義経済の優位性の主張

櫛田の研究は、日本の経済学界の発展に大きな貢献をしただけでなく、日本の社会主義運動の発展에도 큰 기여를 했습니다.

タイトルとURLをコピーしました