– 五十嵐篤好

– 五十嵐篤好

五十嵐篤好の生涯

五十嵐篤好の生涯

五十嵐篤好の生涯

五十嵐篤好は、1914年(大正3年)4月17日に、東京府北豊島郡駒込村(現在の東京都豊島区駒込)で、父・五十嵐藤太郎と母・キヨの間に生まれた。父は、農林省の役人で、母は、専業主婦であった。篤好には、兄と姉がいた。

篤好は、幼少期から勉強熱心で、成績は常に優秀であった。尋常小学校を卒業後、旧制東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)に進学した。第一中学校では、野球部に所属し、主将を務めるなど、活躍した。また、学業成績も引き続き優秀で、首席で卒業した。

第一中学校卒業後は、東京帝国大学法学部に進学した。大学では、民法を専攻し、卒業後、司法省に入省した。司法省では、検事として勤務し、数多くの事件を担当した。その傍ら、東京帝国大学法学部で講師を務め、民法の講義を担当した。

1945年(昭和20年)、第二次世界大戦が終結し、日本は、連合国軍に占領された。篤好は、占領軍の政策に反対し、司法省を退官した。その後、弁護士を開業し、民事事件を中心に扱った。

篤好は、弁護士として活躍する傍ら、民法の研究にも力を注いだ。1950年(昭和25年)には、「民法講義」を出版し、民法学界に大きな影響を与えた。その後も、数多くの著作を発表し、民法学の発展に貢献した。

篤好は、1980年(昭和55年)に、東京大学名誉教授の称号を授与された。1985年(昭和60年)には、勲一等瑞宝章を受章した。

篤好は、1990年(平成2年)10月15日に、老衰のため、東京都内の病院で死去した。享年76歳であった。

五十嵐篤好の学問

五十嵐篤好の学問

五十嵐篤好の学問

五十嵐篤好は、明治から昭和にかけて活躍した日本の哲学者、教育者です。京都帝国大学教授、同大学総長、文部大臣等を歴任しました。西田幾多郎、鈴木大拙らとともに、近代日本の思想界に大きな影響を与えました。

五十嵐篤好の学問は、主に哲学と教育学の二つの領域にわたります。哲学の分野では、カント、ヘーゲル、ショーペンハウエルなどのドイツ観念論哲学を研究し、日本における観念論哲学の導入に貢献しました。また、教育学の分野では、ペスタロッチ、フレーベルなどの欧米の教育思想を研究し、日本における近代教育制度の確立に尽力しました。

五十嵐篤好の哲学思想は、観念論を基盤としつつも、現実社会の諸問題に積極的に関与するという実践的性格を併せ持っていました。彼は、哲学は単なる机上の空論ではなく、現実社会をより良くするために役立つべきだと考え、社会問題、教育問題、宗教問題など、幅広い問題について論考を発表しました。

五十嵐篤好の教育思想は、ペスタロッチ、フレーベルなどの欧米の教育思想を基盤としつつも、日本の伝統的な教育思想をも尊重した独自のものです。彼は、教育は単に知識を詰め込むのではなく、人間の人格を形成することを目的とするべきだと考え、德育を重視しました。また、教育は学校教育だけでなく、家庭教育、社会教育など、あらゆる場で行われるべきだと主張しました。

五十嵐篤好の学問は、明治から昭和にかけての日本の思想界、教育界に大きな影響を与えました。彼の哲学思想は、日本における観念論哲学の導入に貢献し、現実社会の諸問題に積極的に関与するという実践的性格を有していました。また、彼の教育思想は、ペスタロッチ、フレーベルなどの欧米の教育思想を基盤としつつも、日本の伝統的な教育思想をも尊重した独自のものです。徳育を重視し、教育は学校教育だけでなく、あらゆる場で行われるべきだと主張しました。

タイトルとURLをコピーしました