久代登喜男-昭和時代の内科学者

久代登喜男-昭和時代の内科学者

生い立ちと経歴

生い立ちと経歴

– 生い立ちと経歴

久代登喜男は、1901年2月25日に長野県松本市で生まれた。松本中学、第五高等学校を経て、1925年に東京帝国大学医科大学に入学した。在学中は、医学部内科教室の教授である上条秀介に師事し、内科学を専攻した。

1929年に東京帝国大学医科大学を卒業し、そのまま内科教室の助手となった。1934年に医学博士の学位を取得し、1936年に助教授に昇進した。1941年に教授に昇進し、1944年に東京帝国大学医学部長に就任した。

1946年、東京大学の内科教室は第一内科と第二内科に分離され、久代登喜男は第一内科の教授となった。1948年には日本内科学会会長に就任し、1950年には日本学術会議会員に選出された。

1952年、久代登喜男は東京大学医学部長を退任し、日本医科大学の学長に就任した。1958年には日本医師会長に就任し、1960年には日本医師会会長に就任した。

1961年、久代登喜男は日本医師会会長を辞任し、日本医科大学の学長に専念した。1971年には日本医科大学の学長を退任し、名誉教授となった。

久代登喜男は、1980年7月26日に東京都文京区の順天堂病院で死去した。享年79歳であった。

内科学者としての業績

内科学者としての業績

内科学者としての業績

久代登喜男は、内科学者として数多くの業績を残しました。その中でも、特に重要な業績をいくつか挙げます。

* -心筋梗塞の診断法の開発- 久代登喜男は、心筋梗塞の診断法として、血清酵素検査法を開発しました。この検査法は、心筋梗塞の早期診断を可能にし、死亡率の低下に貢献しました。
* -狭心症の治療法の開発- 久代登喜男は、狭心症の治療法として、ニトログリセリンの経口投与法を開発しました。この治療法は、狭心症の症状を改善し、患者さんの生活の質を向上させました。
* -高血圧の治療法の開発- 久代登喜男は、高血圧の治療法として、利尿剤とβ遮断剤の併用療法を開発しました。この治療法は、高血圧を効果的にコントロールし、脳卒中や心筋梗塞などの合併症を予防しました。
* -糖尿病の治療法の開発- 久代登喜男は、糖尿病の治療法として、インスリンと経口血糖降下薬の併用療法を開発しました。この治療法は、糖尿病の血糖値を効果的にコントロールし、合併症を予防しました。

久代登喜男は、内科学者として数多くの業績を残しました。その業績は、日本人の健康に大きな貢献を果たしました。

人物像と影響

人物像と影響

-人物像と影響-

久代登喜男は、口数少なく、人付き合いを好まず、無口で無愛想な印象を与える研究者であった。しかし、一度研究に没頭すると、周りが見えなくなり、食事も睡眠も忘れ、研究室に籠もって研究に没頭した。その情熱と集中力は、周りの研究者たちを圧倒し、多くの研究者から尊敬を集めた。

久代登喜男の研究は、当時の医学界に大きな影響を与えた。特に、心臓病の研究における彼の功績は大きく、心臓病の診断と治療に革命をもたらした。また、久代登喜男は、多くの医師を育成し、指導した。彼の教えを受けた医師たちは、その後、日本の医学界を支える重要な役割を果たした。

久代登喜男は、1975年に75歳で亡くなった。しかし、彼の研究成果は、現在もなお、医学界に大きな影響を与えている。久代登喜男は、日本の医学界に大きな功績を残した偉大な研究者である。

久代登喜男の研究成果は、国際的にも高く評価されており、1964年には、アメリカ心臓協会からゴールド・ハート・アワードを授与されている。また、1968年には、日本学士院賞を受賞している。

久代登喜男は、日本の医学界に大きな貢献をした偉大な研究者であり、その功績は現在もなお、医学界に大きな影響を与えている。

タイトルとURLをコピーしました