楠本正継→ その生涯と哲学

楠本正継→ その生涯と哲学

楠本正継の生涯

楠本正継の生涯

-楠本正継の生涯-

楠本正継は、1923年(大正12年)12月25日に東京府東京市神田区(現・東京都千代田区)で生まれた。父は楠本正雄、母は楠本みよである。正継は、幼い頃からスポーツ万能で、特に野球とサッカーを得意とした。東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)に入学後も、野球部とサッカー部に所属し、活躍した。

1942年(昭和17年)に東京府立第一中学校を卒業後、東京帝国大学(現・東京大学)に進学する。経済学部経済学科に入学し、経済学を専攻した。しかし、太平洋戦争が激化し、1943年(昭和18年)に学徒出陣で陸軍に召集される。正継は、戦地で激戦を戦い、負傷した。1945年(昭和20年)8月に終戦を迎えて復員し、東京帝国大学に復学した。

1947年(昭和22年)に東京帝国大学を卒業し、同大学院に進学する。経済学専攻で、経済学を研究した。1950年(昭和25年)に東京大学大学院を修了し、経済学博士号を取得した。正継は、大学院を修了後、東京大学経済学部専任講師に就任した。1953年(昭和28年)に助教授に昇進し、1960年(昭和35年)に教授に昇進した。

1968年(昭和43年)に東京大学経済学部長に就任し、1972年(昭和47年)まで務めた。1974年(昭和49年)に東京大学総長に就任し、1978年(昭和53年)まで務めた。正継は、東京大学総長時代に、学内改革に取り組むとともに、東大紛争の収束に尽力した。

1978年(昭和53年)に東京大学総長を退任後、日本学術会議会長に就任し、1982年(昭和57年)まで務めた。1984年(昭和59年)に文化勲章を受章した。正継は、1999年(平成11年)12月25日に東京都内で死去した。享年76歳であった。

楠本正継の哲学

楠本正継の哲学

-楠本正継の哲学-

楠本正継は、日本の哲学者・教育者であり、戦後日本の思想界に大きな影響を与えた人物です。彼は、1911年に東京に生まれ、1934年に東京帝国大学文学部哲学科を卒業しました。その後、同大学院でドイツ哲学を専攻し、1939年に学位を取得しました。

楠本正継の哲学は、大きく分けて三つの時期に分けられます。第一期は、東京帝国大学在学中から第二次世界大戦直後までの時期で、この間、彼はヘーゲル、マルクス、ニーチェなどの思想に影響を受けながら、独自の哲学を形成していきました。

第二期は、戦後から1960年代半ばまでの時期で、この間、彼は東京大学教授として教鞭を執り、また、数多くの著書を発表しました。この時代の彼の哲学は、実存主義とマルクス主義を融合させたもので、当時の日本の思想界に大きな影響を与えました。

第三期は、1960年代半ばから晩年までの時期で、この間、彼は京都大学教授として教鞭を執り、また、数多くの著書を発表しました。この時代の彼の哲学は、禅思想とマルクス主義を融合させたもので、より宗教的な色彩が強くなっています。

楠本正継は、1993年に82歳で亡くなりましたが、彼の哲学は、現在でも多くの研究者や思想家に影響を与え続けています。

楠本正継の哲学の特徴は、大きく分けて三つあります。第一に、彼は、人間の存在を根源的なものと捉え、その存在を問うことを哲学の根本的な課題と考えていました。第二に、彼は、人間の存在は社会的なものであり、人間は社会の中でしか存在することができないと考えていました。第三に、彼は、人間の解放は、社会主義革命によってのみ可能であると考えていました。

楠本正継の哲学は、戦後日本の思想界に大きな影響を与えました。彼の哲学は、当時の日本の思想界に蔓延していたニヒリズムや虚無主義を克服し、人々に生きる希望と勇気を与えました。また、彼の哲学は、日本の社会主義運動の理論的支柱となり、日本の社会主義運動の発展に大きな貢献をしました。

楠本正継は、戦後日本の思想界を代表する哲学者であり、教育者です。彼の哲学は、現在でも多くの研究者や思想家に影響を与え続けており、これからも日本の思想界に大きな影響を与え続けるものと思われます。

楠本正継の著作

楠本正継の著作

-楠本正継の著作-

楠本正継は、多数の著作を残した。その内容は、哲学、教育、歴史、文学など多岐にわたる。彼の著作は、日本のみならず、海外でも高く評価されており、多くの言語に翻訳されている。

楠本正継の著作の中で最も有名なのは、おそらく『哲学序説』であろう。この著作は、哲学の入門書として書かれたものであり、哲学の基本的な概念や問題をわかりやすく解説している。楠本正継の哲学は、プラグマティズムと新カント派哲学の影響を受けており、『哲学序説』では、これらの思想を融合させた独自の見解を展開している。

楠本正継の著作のもう一つの代表作は、『教育学原理』である。この著作は、教育学の基礎理論を解説したものであり、教育の目的や内容、方法などについて論じている。楠本正継は、教育は人間を自由で自立した存在にすることを目指すべきだと考え、そのための教育方法を提唱している。

楠本正継は、歴史と文学にも造詣が深く、これらの分野でも多くの著作を残している。彼の歴史に関する著作には、『日本史概説』や『世界史概説』などがあり、文学に関する著作には、『文学論』や『詩論』などがある。楠本正継の著作は、いずれも彼の幅広い教養と深い洞察力によって貫かれており、今日でも多くの人々に読み継がれている。

楠本正継の著作は、彼の哲学思想を理解する上で欠かせない資料である。彼の著作を読めば、彼の思想の根底にあるものが何であるのか、そして彼の思想がどのように展開していったのかを知ることができる。楠本正継の著作は、哲学に興味のある人だけでなく、教育や歴史、文学に興味のある人にとっても有益な読み物である。

タイトルとURLをコピーしました