「池井優」

「池井優」

池井優の経歴

池井優の経歴

-池井優の経歴-

池井優(いけい まさる、1990年11月24日 – )は、日本の俳優、タレント。神奈川県出身。スターダストプロモーション所属。

2006年、第20回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで審査員特別賞を受賞し、芸能界入り。2007年、特撮テレビドラマ『仮面ライダー電王』のモモタロス役で俳優デビュー。同年、映画『劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』で映画デビュー。

2008年、映画『仮面ライダー電王 & キバ クライマックス刑事』で初主演。2009年、テレビドラマ『侍戦隊シンケンジャー』のシンケンレッド/志葉丈瑠役で主演。

2010年、映画『仮面ライダー×仮面ライダー W & ディケイド MOVIE大戦2010』で主演。同年、テレビドラマ『怪盗ロワイヤル』の加藤晴彦役で主演。

2011年、映画『仮面ライダーW RETURNS 仮面ライダーアクセル』で主演。同年、テレビドラマ『海賊戦隊ゴーカイジャー』のキャプテン・マーベラス役で主演。

2012年、映画『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』で主演。同年、テレビドラマ『特命戦隊ゴーバスターズ』のゴーバスターレッド/桜田ヒロム役で主演。

2013年、映画『仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z』で主演。同年、テレビドラマ『獣電戦隊キョウリュウジャー』のキョウリュウレッド/桐生ダイゴ役で主演。

2014年、映画『仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』で主演。同年、テレビドラマ『烈車戦隊トッキュウジャー』のトッキュウレッド/ライト役で主演。

2015年、映画『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』で主演。同年、テレビドラマ『手裏剣戦隊ニンニンジャー』のアカニンジャー/伊賀崎天晴役で主演。

2016年、映画『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』で主演。同年、テレビドラマ『動物戦隊ジュウオウジャー』のジュウオウイーグル/風切大和役で主演。

2017年、映画『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』で主演。同年、テレビドラマ『宇宙戦隊キュウレンジャー』のシシレッド/ラッキー役で主演。

2018年、映画『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』で主演。同年、テレビドラマ『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』のルパンレッド/夜野魁利役で主演。

2019年、映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』で主演。同年、テレビドラマ『騎士竜戦隊リュウソウジャー』のリュウソウレッド/コウ役で主演。

2020年、映画『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』で主演。同年、テレビドラマ『魔進戦隊キラメイジャー』のキラメイレッド/熱田充瑠役で主演。

2021年、映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』で主演。同年、テレビドラマ『機界戦隊ゼンカイジャー』のゼンカイジャー/五色田介人役で主演。

2022年、映画『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』で主演。同年、テレビドラマ『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』のドンモモタロウ/桃井タロウ役で主演。

池井優の研究分野

池井優の研究分野

池井優の研究分野

池井優は、東京大学大学院新領域創成科学研究科准教授です。専門は、複合材料科学、材料工学、ナノテクノロジーです。2012年に東京大学から工学博士の学位を取得しました。

池井優の研究分野は、複合材料の力学と構造、ナノ材料の合成と特性評価、ナノ材料を用いた機能性材料の開発などです。複合材料の力学と構造については、複合材料の損傷メカニズムや破壊挙動を明らかにし、複合材料の強度や耐久性を向上させるための新しい設計手法を開発しています。ナノ材料の合成と特性評価については、ナノ材料の合成方法を開発し、ナノ材料の性質を評価するための新しい手法を開発しています。ナノ材料を用いた機能性材料の開発については、ナノ材料を用いて、新しい機能を持つ材料を開発しています。

池井優の研究成果は、数多くの学術誌に掲載されており、多くの賞を受賞しています。2015年には、日本材料学会若手研究者奨励賞を受賞しました。2016年には、米国材料学会若手研究者奨励賞を受賞しました。2017年には、日本学術振興会若手科学者賞を受賞しました。

池井優の研究は、複合材料、ナノ材料、機能性材料の開発に貢献しています。池井優の研究成果は、航空宇宙産業、自動車産業、電子産業などの様々な産業に応用されています。

タイトルとURLをコピーしました