国崎定洞 – 大正-昭和時代前期の衛生学者,革命家

国崎定洞 – 大正-昭和時代前期の衛生学者,革命家

東京帝大助教授として社会科学研究会に参加

東京帝大助教授として社会科学研究会に参加

-東京帝大助教授として社会科学研究会に参加-

国崎定洞は、1922年(大正11年)に東京帝国大学医学部助教授に就任しました。彼は、この頃、社会科学研究会に参加し、社会問題や労働問題について研究を行いました。社会科学研究会は、1913年(大正2年)に設立された、日本の社会科学の研究と普及を目的とする団体です。この団体には、河合栄治郎、美濃部達吉、大河内一男など、日本の社会科学をリードする研究者が多数参加していました。

国崎定洞は、社会科学研究会に参加することで、日本の社会問題や労働問題について深く学ぶことができました。彼は、これらの問題を解決するためには、社会制度を改革することが必要であると考え、社会主義運動に参加するようになりました。

1923年(大正12年)に発生した関東大震災の際には、国崎定洞は、被災者の救護活動に尽力しました。彼は、震災で被災した人々を収容する施設を設け、食料や医薬品を供給しました。また、震災で破壊された家屋の再建にも協力しました。

国崎定洞は、東京帝国大学助教授として、社会科学研究会に参加し、社会問題や労働問題について研究を行いました。また、関東大震災の際には、被災者の救護活動に尽力しました。彼は、日本の社会問題を解決するためには、社会制度を改革することが必要であると考え、社会主義運動に参加するようになりました。

タイトルとURLをコピーしました