国富信一 – 大正-昭和時代の気象学者

国富信一 – 大正-昭和時代の気象学者

中央気象台から大阪管区気象台長まで

中央気象台から大阪管区気象台長まで

-国富信一 – 大正-昭和時代の気象学者-

-中央気象台から大阪管区気象台長まで-

国富信一は、1899年に東京に生まれ、1924年に東京帝国大学理学部気象学科を卒業した気象学者です。1928年に中央気象台に勤務し、予報官として働きました。1937年に大阪管区気象台長に就任し、1945年まで務めました。

国富信一は、気象予報の研究で知られており、多くの論文を発表しました。また、気象予報の教育にも熱心に取り組み、大阪管区気象台の職員に気象予報の講習会を開催しました。

国富信一は、1964年に亡くなりましたが、その功績は気象学の発展に大きな影響を与えました。

-中央気象台での研究-

国富信一は、中央気象台に勤務している間に、気象予報の研究を行いました。その研究の中で、気圧配置と天気の関係を調べ、気象予報の精度を高めることに貢献しました。また、気象観測機器の開発にも取り組み、気象観測の精度を高めることに貢献しました。

-大阪管区気象台での功績-

国富信一は、大阪管区気象台長に就任した後、気象予報の教育に熱心に取り組みました。大阪管区気象台の職員に気象予報の講習会を開催し、気象予報の知識を高めさせることに貢献しました。また、気象観測所の整備にも取り組み、気象観測の精度を高めることに貢献しました。

-国富信一の功績-

国富信一は、気象予報の研究や気象予報の教育、気象観測所の整備など、気象学の発展に大きな貢献をしました。その功績は、現在も気象学の発展に影響を与えています。

大学教授としての活躍と著作物

大学教授としての活躍と著作物

大学教授としての活躍と著作物

国富信一氏は、東京帝国大学に勤務した後、1923年に大阪帝国大学理学部教授に就任しました。大阪帝国大学では、気象学の教育と研究に尽力し、多くの弟子を育て上げました。また、1924年には、大阪管区気象台の台長を兼任し、気象台の発展にも貢献しました。

国富信一氏は、気象学の研究でも大きな功績を残しました。1926年に発表した「気象学原論」は、気象学の教科書として長く用いられ、気象学の発展に大きな影響を与えました。また、1930年には、気象観測の新しい方法である「パイロットバルーン法」を開発し、気象観測の精度向上に貢献しました。

国富信一氏は、気象学の研究と教育に尽力し、日本の気象学の発展に大きな貢献をしました。その功績は、今日もなお、気象学の分野で高く評価されています。

国富信一氏の主な著作物は以下の通りです。

* 気象学原論(1926年)
* 気象学演習(1930年)
* 気象観測法(1935年)
* 気象学概論(1940年)
* 気象予報学(1944年)

国富信一の功績と影響

国富信一の功績と影響

-国富信一の功績と影響-

国富信一は、大正-昭和時代の気象学者であり、日本の気象学の発展に大きな貢献をした人物です。彼は、1887年に静岡県に生まれ、東京帝国大学理学部物理学科を卒業後、気象台に入所しました。気象台では、気象観測や予報業務に従事し、1921年に気象台技師に昇進しました。

国富信一の功績の中で最も重要なのは、偏東風の発見です。偏東風とは、中緯度から高緯度にかけて吹く強い西風帯のことです。国富信一は、偏東風の実在を証明し、その性質を明らかにしました。この発見は、気象学の発展に大きな影響を与え、現在でも気象予報や気候変動の研究に役立っています。

国富信一は、偏東風の発見以外にも、多くの功績を残しました。彼は、気象学における数理モデルの開発に貢献し、気象学の教育にも力を注ぎました。また、気象学会の設立にも尽力し、初代会長を務めました。

国富信一は、日本の気象学の発展に多大な貢献をした偉大な気象学者です。彼の功績は、現在でも気象学の発展に役立っており、今後も長く語り継がれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました