「国友尚克」

「国友尚克」

常陸水戸藩士

常陸水戸藩士

-常陸水戸藩士-

国友尚克は、常陸水戸藩士であり、水戸藩の藩校である弘道館の教授を務めました。彼は、儒学や兵学に精通しており、藩主の徳川光圀の信任を得て、藩政改革に参与しました。

国友尚克は、1635年に水戸藩士の子として生まれました。幼少の頃から聡明で、儒学や兵学を学びました。19歳の時に江戸に出て、林羅山に儒学を学びました。その後、水戸藩に戻り、藩校である弘道館の教授となりました。

国友尚克は、藩主の徳川光圀の信任を得て、藩政改革に参与しました。彼は、租税制度の改革や、産業の振興などを推進しました。また、水戸学の形成にも貢献し、水戸藩を幕末維新の中心地にしました。

国友尚克は、1701年に67歳で亡くなりました。彼は、水戸藩の発展に貢献した功績により、藩主の徳川光圀から「忠臣」の称号を贈られました。

国友尚克は、水戸藩の藩校である弘道館の教授を務めた儒学者です。彼は、儒学や兵学に精通しており、藩主の徳川光圀の信任を得て、藩政改革に参与しました。また、水戸学の形成にも貢献し、水戸藩を幕末維新の中心地にしました。

藩主徳川斉昭の右筆

藩主徳川斉昭の右筆

-「国友尚克」-

-藩主徳川斉昭の右筆-

国友尚克は、幕末の水戸藩士。江戸小石川御徒町生まれ。通称は主水。号は碧松斎、執道斎。書を弟子の江間政方に学んだ。国友宣景の養子となる。

1853年(嘉永6年)、藩主徳川斉昭の右筆となり、斉昭の信任を受けて諸国の勤王志士と交流した。1854年(安政元年)には、斉昭の上洛に随行した。1858年(安政5年)、斉昭が隠居すると、尚克も隠居した。

1860年(万延元年)、斉昭が再び藩主になると、尚克も再び右筆となった。1868年(慶応4年)、戊辰戦争が勃発すると、尚克は水戸藩軍の総裁として、幕府軍と戦った。

戊辰戦争後、尚克は隠居した。1877年(明治10年)、西南戦争が勃発すると、尚克は政府軍に加わって、西郷隆盛率いる薩摩軍と戦った。

1882年(明治15年)に死去。享年71。

尚克は、書に優れ、多くの作品を残している。また、勤王の志士として、幕末の激動の時代を生き抜いた人物である。

彰考館正員

彰考館正員

彰考館正員

彰考館正員とは、江戸時代に、彰考館に勤務した文官の最高位のことである。彰考館は、1712年(正徳2年)に、徳川家宣の命によって設立された、幕府の史局である。彰考館の任務は、徳川家の歴史を編纂すること、幕府の政策について調査すること、そして、儒学を振興することなどであった。

彰考館正員は、高い学識と徳望を備えた儒学者の中から選抜された。彰考館正員の定員は、4名で、そのうち1名が総裁を務めた。彰考館正員の任期は、原則として5年であった。

彰考館正員は、彰考館において、徳川家の歴史を編纂したり、幕府の政策について調査したり、儒学を講義したりした。彰考館正員は、幕府の重要な政策決定にも参与することがあった。

彰考館正員は、幕府の文官として、重要な役割を果たした。彰考館正員は、江戸時代の政治、文化、学問の発展に貢献した。

彰考館正員を務めた著名な儒学者には、荻生徂徠、新井白石、室鳩巣、松崎慊堂などがいる。これらの儒学者は、彰考館において、徳川家の歴史を編纂したり、幕府の政策について調査したり、儒学を講義したりした。彰考館正員を務めた儒学者は、幕府の重要な政策決定にも参与することがあった。

彰考館正員は、幕府の文官として、重要な役割を果たした。彰考館正員は、江戸時代の政治、文化、学問の発展に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました