国光勉造

国光勉造

熊本医専教授として活躍

熊本医専教授として活躍

-熊本医専教授として活躍-

国光勉造は、熊本医専(現在の熊本大学医学部)の教授として活躍し、医学の教育と研究に大きな貢献をしました。彼は、1884年に熊本医専の前身である熊本医学校に入学し、1888年に卒業しました。その後、同校の助教授、教授を歴任し、1922年に校長に就任しました。

国光は、熊本医専で内科学、特に循環器系の疾患を専門とし、多くの学生を指導しました。また、医学雑誌「熊本医学会雑誌」の編集長を務め、医学の発展に寄与しました。

国光の研究業績は、主に心臓病と高血圧に関するもので、1915年に発表した「心臓病の分類と治療」は、当時の循環器系疾患の治療に大きな影響を与えました。また、1920年に発表した「高血圧の病理と治療」も、高血圧症の治療に貢献しました。

国光は、1930年に熊本医専を退職しましたが、その後も医学の研究と教育に携わり続け、1945年に亡くなるまで多くの学生を指導しました。彼の業績は、日本の医学の発展に大きな影響を与え、現在でも高く評価されています。

国光の主要な研究業績は以下の通りです。

* 心臓病の分類と治療(1915年)
* 高血圧の病理と治療(1920年)
* 循環器疾患の臨床(1925年)
* 内科診断学(1930年)

樫村清徳の山竜堂病院を継承

樫村清徳の山竜堂病院を継承

-国光勉造-

-樫村清徳の山竜堂病院を継承-

国光勉造は、1899年(明治32年)に広島県に生まれた。1923年(大正12年)に東京帝国大学医学部を卒業し、その後、同大学院に進学して医学博士の学位を取得した。

1929年(昭和4年)に、国光勉造は樫村清徳の山竜堂病院を継承した。樫村清徳は、日本の産婦人科の草分け的存在であり、山竜堂病院は、日本を代表する産婦人科病院であった。国光勉造は、樫村清徳の後を継いで、山竜堂病院の院長となり、日本の産婦人科の発展に貢献した。

国光勉造は、1945年(昭和20年)に、日本産婦人科学会の会長に就任した。また、1947年(昭和22年)には、日本医師会の会長に就任した。国光勉造は、日本の産婦人科と医学の発展に大きく貢献した人物である。

国光勉造は、1980年(昭和55年)に亡くなった。享年81歳。

-樫村清徳の山竜堂病院-

樫村清徳の山竜堂病院は、1887年(明治20年)に樫村清徳によって創設された。樫村清徳は、日本の産婦人科の草分け的存在であり、山竜堂病院は、日本を代表する産婦人科病院であった。

樫村清徳は、1850年(嘉永3年)に兵庫県に生まれた。1875年(明治8年)に大阪医学校を卒業し、その後、東京大学医学部に入学した。1881年(明治14年)に東京大学医学部を卒業し、その後、同大学院に進学して医学博士の学位を取得した。

樫村清徳は、1887年(明治20年)に、東京に山竜堂病院を創設した。山竜堂病院は、日本初の産婦人科専門病院であった。樫村清徳は、山竜堂病院で、多数の産婦人科手術を行い、日本の産婦人科の発展に貢献した。

樫村清徳は、1923年(大正12年)に亡くなった。享年73歳。

東京帝大卒の旧姓は羽村

東京帝大卒の旧姓は羽村

-# 国光勉造

— 東京帝大卒の旧姓は羽村

国光文造は、1895年(明治28年)に東京府下荏原郡碑衾村(現・東京都目黒区碑文谷)に羽村松吉の四男として生まれた。旧姓は羽村。1919年(大正8年)に東京帝国大学工学部卒業後、東京電灯(現・東京電力)に入社。1924年(大正13年)に松下電器製作所(現・パナソニック)に入社し、1935年(昭和10年)に常務取締役、1940年(昭和15年)に専務取締役、1942年(昭和17年)に社長に就任した。1945年(昭和20年)にはGHQにより公職追放となったが、1951年(昭和26年)に解除され、翌年に社長に復帰した。

国光は、松下電器の技術革新を推進し、同社を世界有数の家電メーカーに育て上げた。また、経団連会長や日本商工会議所会頭も歴任した。1965年(昭和40年)に勲一等瑞宝章を受章。1970年(昭和45年)に死去した。

国光は、松下幸之助の右腕として活躍した人物である。松下は、国光のことを「松下電器の総帥」と呼んでいたという。国光は、松下の経営哲学を忠実に実践し、松下電器の成長に大きく貢献した。

国光は、技術者としてだけでなく、経営者としても優れた才能を発揮した。同社の買収や新事業の立ち上げなど、数多くの事業を成功させた。また、松下の経営哲学である「三方よし」を忠実に実践し、従業員の福祉や社会貢献にも力を入れた。

国光は、松下幸之助とともに、松下電器を世界有数の家電メーカーに育て上げた功績者である。また、経団連会長や日本商工会議所会頭も歴任し、日本の経済界を牽引した人物でもある。

タイトルとURLをコピーしました