功刀亀内:郷土史研究に生涯を捧げた先駆者

功刀亀内:郷土史研究に生涯を捧げた先駆者

糸繭商を営みながら郷土史資料を収集

糸繭商を営みながら郷土史資料を収集

-糸繭商を営みながら郷土史資料を収集-

功刀亀内は、糸繭商を営みながら郷土史資料の収集・研究を行った先駆者です。

亀内は、1866年(慶応2年)に愛媛県松山市に生まれました。14歳の時に家業である糸繭商を始め、その後、呉服商も営みました。

亀内は、商売のかたわら、郷土史研究に強い関心を持ち、郷土史に関する書籍や資料を収集するようになりました。また、郷土史に関する講演会にも積極的に参加し、郷土史の普及に努めました。

亀内の功績の一つは、郷土史資料の収集です。亀内は、松山城下の古地図や古文書などを収集し、それらを「功刀文庫」として保存しました。この「功刀文庫」は、現在、松山市立図書館に収蔵されており、郷土史研究者にとって貴重な資料となっています。

亀内のもう一つの功績は、郷土史に関する研究です。亀内は、松山城の歴史や松山藩の藩政史などについて研究を行い、その成果を「松山城史」「松山藩政史」などとして発表しました。

亀内の郷土史研究は、郷土史の普及と発展に大きな貢献をしました。亀内の研究成果は、現在でも郷土史研究者によって引用されており、郷土史研究の発展に役立っています。

上京後も資料収集を継続し「甲州文庫」を形成

上京後も資料収集を継続し「甲州文庫」を形成

-上京後も資料収集を継続し「甲州文庫」を形成-

功刀亀内は、甲州の歴史研究に生涯を捧げた先駆者である。彼は明治40年(1907年)、甲府市に生まれ、甲府中学校(現・甲府第一高等学校)を卒業後は上京し、東京帝国大学(現・東京大学)文学部に進学した。

大学在学中は、郷土史研究の第一人者である坪井九馬三博士に師事し、史料収集や研究方法について薫陶を受けた。卒業後は、甲府市役所に勤務しながら、郷土史の研究を続け、大正12年(1923年)に『甲州史談』を創刊した。

『甲州史談』は、甲州の歴史や文化に関する論文や随筆を掲載する郷土史雑誌で、功刀亀内が主筆を務めた。雑誌は、地元の研究者や郷土史家から好評を博し、甲府市周辺の郷土史研究の発展に寄与した。

功刀亀内は、上京後も資料収集を継続し、膨大な量の甲州に関する資料を収集した。この資料は、後に「甲州文庫」と呼ばれ、甲州の歴史研究の貴重な財産となった。

「甲州文庫」には、甲州の歴史に関する書物や史料だけでなく、甲州の民俗や文化に関する資料も含まれている。そのため、甲州の歴史研究だけでなく、甲州の民俗や文化の研究にも欠かせない資料となっている。

功刀亀内は、昭和27年(1952年)に甲府市役所を退職し、郷土史研究に専念した。昭和36年(1961年)には、甲府市教育委員会の依頼を受けて、『甲府市史』の編纂を開始し、昭和43年(1968年)に全5巻が完成した。

『甲府市史』は、甲府市の歴史を網羅的にまとめたもので、甲府市の歴史研究の基礎資料となっている。また、功刀亀内は、郷土史に関する多くの著書や論文を発表し、甲州の歴史研究の発展に大きく貢献した。

功刀亀内は、昭和47年(1972年)に逝去した。享年65歳。功刀亀内の残した功績は、現在も甲府市周辺の郷土史研究に大きな影響を与えている。

没後、収集した資料は山梨県立図書館に移管

没後、収集した資料は山梨県立図書館に移管

-没後、収集した資料は山梨県立図書館に移管-

功刀亀内は、生涯にわたって郷土史の研究に情熱を注いだ人物でした。その研究成果は、膨大な資料として残され、没後、その資料は山梨県立図書館に移管されました。

山梨県立図書館には、功刀亀内が収集した資料が数多く所蔵されています。その中には、功刀亀内が執筆した郷土史に関する書籍や論文、功刀亀内が収集した古文書や絵画、功刀亀内が撮影した写真など、さまざまな資料が含まれています。

功刀亀内の研究成果は、山梨県の郷土史研究に大きな貢献を果たしました。功刀亀内の資料は、山梨県立図書館で公開されており、郷土史を研究する人々にとって貴重な資料となっています。

功刀亀内の資料は、山梨県立図書館の郷土資料室で公開されています。郷土資料室は、山梨県立図書館の2階にあります。郷土資料室の開館時間は、午前9時から午後5時までです。休館日は、毎週月曜日と、祝日の翌日です。

功刀亀内の資料を閲覧したい場合は、山梨県立図書館の郷土資料室までお越しください。郷土資料室の職員が、資料の閲覧についてご案内いたします。

功刀亀内の資料は、山梨県の郷土史研究に欠かせない貴重な資料です。功刀亀内の研究成果は、郷土史を研究する人々にとって大きな財産となっています。

タイトルとURLをコピーしました