ー久野収

ー久野収

久野収の生涯

久野収の生涯

小見出し 久野収の生涯

久野収(くの おさむ)は、1899年(明治32年)3月27日に熊本県上益城郡飯野村(現・美里町)に生まれた。父は久野兼吉、母はくみ。5人兄弟の末っ子で、幼い頃から身体が弱かったが、学業は優秀だった。
1917年(大正6年)、熊本県立第五中学校(現・熊本県立五木村高等学校)を卒業後、第五高等学校(現・熊本大学)に進学する。この頃、恩師である小倉金之助の影響を受け、ヨーロッパの思想や文化に興味を持つ。
1920年(大正9年)、東京帝国大学(現・東京大学)に進学し、文学部哲学科に入学する。大学では、三木清、田辺元、福田恆存ら、当時の日本の思想界を代表する学者の薫陶を受ける。
1924年(大正13年)、東京帝国大学を卒業し、恩師の小倉金之助が創立した、私立熊本大学(現・熊本学園大学)の予科に講師として赴任する。
1926年(昭和元年)、上京し、東京帝国大学大学院に入学する。この時期、マルクス経済学や精神医学を学び、1928年(昭和3年)に大学院を修了する。
1930年(昭和5年)、東京帝国大学法学部に助教授として着任する。
1933年(昭和8年)、『資本論入門』を刊行。この本は、マルクス経済学をわかりやすく解説したもので、大きな反響を呼んだ。
1935年(昭和10年)、プロレタリア文学を支援する『文芸戦線』を創刊する。この雑誌は、多くのプロレタリア文学作家の作品を発表し、大きな影響力を及ぼした。
1937年(昭和12年)、治安維持法違反の容疑で逮捕され、投獄される。
1940年(昭和15年)、治安維持法違反で起訴され、無期懲役の判決を受ける。
1946年(昭和21年)、恩赦により釈放される。
1947年(昭和22年)、参議院議員に当選する。
1948年(昭和23年)、日本共産党を離党する。
1950年(昭和25年)、参議院議員を辞任する。
1953年(昭和28年)、『世界資本主義論入門』を刊行。この本は、世界経済の構造と矛盾を分析したもので、大きな反響を呼んだ。
1957年(昭和32年)、日本評論社社長に就任する。
1958年(昭和33年)、脳出血で倒れ、半身不随となる。
1961年(昭和36年)、7月11日に死去。享年62。

久野収の思想

久野収の思想

-久野収の思想-

久野収は、日本の哲学者であり、京都大学の教授を務めた。彼は、ハイデガーの思想に影響を受け、日本の思想の伝統を現代的に解釈した。

久野収の思想の特徴は、以下の三つである。

1. ハイデガーの思想に影響を受けた独自の哲学体系を構築したこと。
2. 日本の思想の伝統を現代的に解釈した独自の日本哲学を構築したこと。
3. 日本の思想と西洋の思想の比較検討を行い、日本の思想の独自性を主張したこと。

久野収は、ハイデガーの思想に影響を受けた独自の哲学体系を構築した。彼は、ハイデガーの「存在と時間」を翻訳し、ハイデガーの思想を日本に紹介した。また、彼は、ハイデガーの思想を応用して、独自の哲学体系を構築した。

久野収は、日本の思想の伝統を現代的に解釈した独自の日本哲学を構築した。彼は、日本の古典を研究し、日本の思想の伝統を現代的に解釈した。また、彼は、日本の思想を西洋の思想と比較検討し、日本の思想の独自性を主張した。

久野収は、日本の思想と西洋の思想の比較検討を行い、日本の思想の独自性を主張した。彼は、日本の思想と西洋の思想は、それぞれ独自の価値観を持っていると主張した。また、彼は、日本の思想と西洋の思想は、互いに補完し合う関係にあると主張した。

久野収の思想は、日本の思想界に大きな影響を与えた。彼は、日本の思想の伝統を現代的に解釈し、日本の思想の独自性を主張した。また、彼は、日本の思想と西洋の思想の比較検討を行い、日本の思想の独自性を主張した。彼の思想は、日本の思想界に大きな影響を与え、日本の思想の再評価に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました