久野朔郎-昭和時代の英語学者

久野朔郎-昭和時代の英語学者

久野朔郎の経歴と学歴

久野朔郎の経歴と学歴

-久野朔郎の経歴と学歴-

久野朔郎は、1901年3月25日に福岡県福岡市で生まれた。東京帝国大学文学部英文科を卒業後、アメリカ合衆国に留学し、ハーバード大学で比較言語学を学び、1927年に博士号を取得した。帰国後、東京帝国大学講師、助教授、教授を歴任し、1949年に東京大学総長に就任した。

久野朔郎の研究分野は、主に英語学、比較言語学、言語学の基礎理論であり、特に英語の語彙や構文、英語と他の言語との比較研究において、多くの業績を残した。また、言語教育にも力を入れ、東京帝国大学に英語科を設置して英語教育の改革に尽力した。

久野朔郎は、1973年12月30日に72歳で死去した。その功績を称え、1974年には文化勲章が追贈された。

久野朔郎は、昭和時代の英語学を代表する学者の一人であり、英語学、比較言語学、言語学の基礎理論の分野で大きな貢献をした。また、英語教育にも力を入れ、英語教育の改革に尽力した。

久野朔郎の研究と著作

久野朔郎の研究と著作

– 久野朔郎の研究と著作

久野朔郎の研究と著作は、英語学、言語学、音声学など、言語学のさまざまな分野にわたって大きな影響を与えた。

英語学の分野では、久野朔郎は英語の文法や語彙、語用論を研究し、多くの著作を発表した。その中でも、特に重要な著作としては、1944年に出版された「英語文法の研究」と、1954年に出版された「英語語彙の研究」の2冊が挙げられる。

「英語文法の研究」は、英語の文法体系を包括的に分析したもので、英語の文法を理解するためには必読の書として知られている。この著作は、英語の形態論、統語論、意味論を扱っており、英語の文法体系を系統的に理解するための基礎を築いた。

「英語語彙の研究」は、英語の語彙体系を包括的に分析したもので、英語の語彙を理解するためには必読の書として知られている。この著作は、英語の語彙の構成や意味、語源などを扱っており、英語の語彙体系を系統的に理解するための基礎を築いた。

言語学の分野では、久野朔郎は言語の普遍性や言語変化を研究し、多くの著作を発表した。その中でも、特に重要な著作としては、1960年に出版された「言語の普遍性」と、1968年に出版された「言語変化」の2冊が挙げられる。

「言語の普遍性」は、言語の共通の特徴を明らかにしたもので、言語を理解するためには必読の書として知られている。この著作は、言語の普遍的な特徴を明らかにし、言語の普遍性を理解するための基礎を築いた。

「言語変化」は、言語の変化を明らかにしたもので、言語を理解するためには必読の書として知られている。この著作は、言語がどのように変化するかを明らかにし、言語変化を理解するための基礎を築いた。

音声学の分野では、久野朔郎は英語の音声や音韻を研究し、多くの著作を発表した。その中でも、特に重要な著作としては、1972年に出版された「英語の音声」と、1976年に出版された「英語の音韻」の2冊が挙げられる。

「英語の音声」は、英語の音声体系を包括的に分析したもので、英語の音声体系を理解するためには必読の書として知られている。この著作は、英語の母音、子音、イントネーションなどを扱っており、英語の音声体系を系統的に理解するための基礎を築いた。

「英語の音韻」は、英語の音韻体系を包括的に分析したもので、英語の音韻体系を理解するためには必読の書として知られている。この著作は、英語の母音、子音、イントネーションなどを扱っており、英語の音韻体系を系統的に理解するための基礎を築いた。

久野朔郎の功績とlegacy

久野朔郎の功績とlegacy

– 久野朔郎の功績とlegacy

久野朔郎は、日本を代表する英語学者で、その功績は世界でも高く評価されています。久野の最も重要な業績の一つは、generative syntax(生成文法)の理論の確立です。生成文法とは、人間の言語が、有限数のルールによって無限数の文を生成できるという理論です。この理論は、言語研究に革命をもたらし、言語学の発展に大きな影響を与えました。

また、久野は、言語と認知の関係を研究し、言語が人の思考や行動にどのように影響するかを明らかにしました。この研究は、言語学と心理学の融合分野である認知言語学の発展に貢献しました。

さらに、久野は、日本語の研究にも大きな功績を残しています。日本語の文法や語彙を体系的に研究し、日本語の文法書である『日本語文法研究』を出版しました。この文法書は、日本語の文法を体系的に解説した画期的なもので、日本語教育の発展に大きく貢献しました。

久野の功績は、言語学の発展に大きな影響を与えました。久野の理論は、世界の言語学者に影響を与え、言語学の研究に大きな進歩をもたらしました。また、久野の研究は、言語と認知の関係を明らかにし、認知言語学の発展に貢献しました。さらに、久野の日本語の研究は、日本語教育の発展に大きく貢献しました。

久野のlegacyは、言語学の発展に大きな影響を与えた偉大な言語学者として、今後も語り継がれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました