「久野鳳湫」-江戸時代の儒者

「久野鳳湫」-江戸時代の儒者

江戸時代の儒者, 久野鳳湫

江戸時代の儒者, 久野鳳湫

– 江戸時代の儒者, 久野鳳湫

久野鳳湫(1667-1732)は、江戸時代の儒者である。

彼が儒学を学んだきっかけは、1680年に、地元の儒学者、深沢一学の講義を受けたことに始まる。彼は、一学の教えに感銘を受け、儒学の書物を熱心に研究するようになった。1684年には、江戸に出て、湯島聖堂に入学した。彼は、聖堂で、朱子学を学び、1687年には、卒業した。

卒業後は、各地で講義を行い、朱子学を広めた。1706年には、小石川に私塾を開き、多くの弟子を育てた。彼の門下からは、新井白石、室鳩巣、荻生徂徠など、江戸時代の代表的な儒者が輩出した。

鳳湫は、朱子学を日本に定着させることに貢献した。彼は、朱子学の書物を注釈し、朱子学の思想をわかりやすく解説するなど、朱子学の普及に努めた。また、彼は、朱子学を日本の風土や文化に合うようにアレンジし、日本独自の儒学を確立した。

鳳湫は、1732年に、66歳で亡くなった。彼の死後、朱子学は、日本の支配的な思想となり、江戸時代を通じて、日本の政治、経済、社会、文化に大きな影響を与えた。

久野鳳湫の生涯と学問

久野鳳湫の生涯と学問

-久野鳳湫の生涯と学問-

久野鳳湫(くのほうしゅう、生年不明 – 承応3年1月10日(1654年2月25日))は、江戸時代の儒者。通称は久野介一郎。

-生涯-

久野鳳湫の生涯については、ほとんどわかっていません。

久野鳳湫は、播磨国龍野(現在の兵庫県たつの市)に生まれました。

久野鳳湫は、京都で儒学を学びました。

久野鳳湫は、江戸に出て、幕府に仕えました。

久野鳳湫は、承応3年1月10日(1654年2月25日)に亡くなりました。

-学問-

久野鳳湫は、儒学を学びました。

久野鳳湫は、朱子学を学びました。

久野鳳湫は、朱子学を講義しました。

久野鳳湫は、朱子学の著書を著しました。

久野鳳湫の著書には、『論語解』『孟子解』『中庸解』『大学解』などがあります。

久野鳳湫の学問は、江戸時代の儒学に大きな影響を与えました。

久野鳳湫の著作

久野鳳湫の著作

-久野鳳湫の著作-

久野鳳湫は、著書を多く残している。代表的な著作は以下の通り。

* 『以志夜談』
* 『鳳湫文草』
* 『鳳湫文疇』
* 『鳳湫詩集』
* 『鳳湫語録』
* 『鳳湫講義』
* 『鳳湫伝』

『以志夜談』は、久野鳳湫が江戸に出た後に書いた随筆集。故郷の人情風俗や江戸での見聞記などが綴られており、久野鳳湫の人間性や思想を知る上で貴重な資料となっている。

『鳳湫文草』は、久野鳳湫が書いた漢文の文章をまとめたもの。儒学や政治、社会問題など、幅広い分野について論じた内容が収められている。

『鳳湫文疇』は、『鳳湫文草』を和文に訳したもので、一般の人々にも読みやすくした内容となっている。

『鳳湫詩集』は、久野鳳湫が漢詩文で詠んだ詩を集めたもの。儒学の精神や、故郷への思いなどが詠まれている。

『鳳湫語録』は、久野鳳湫の弟子たちが、久野鳳湫の講義や私的な談話を書き留めたもの。儒学の思想や、政治・社会問題などについて、久野鳳湫が語った内容が収められている。

『鳳湫講義』は、久野鳳湫が弟子たちに講義を行った内容をまとめたもの。儒学の経典や歴史書など、さまざまな分野について講義を行っており、久野鳳湫の学識の深さを知ることができる。

『鳳湫伝』は、久野鳳湫の生涯や思想について記した伝記である。久野鳳湫の弟子である赤松則亮が書き残したもので、久野鳳湫の人物像を知る上で重要な資料となっている。

タイトルとURLをコピーしました