– 久場ツル→ 女性の権利と教育に尽力した沖縄のパイオニア

– 久場ツル→ 女性の権利と教育に尽力した沖縄のパイオニア

久場ツルの人生と功績

久場ツルの人生と功績

-久場ツルの人生と功績-

久場ツルは1836年、沖縄県首里に生まれました。幼い頃から聡明で向学心があり、10歳の時に那覇の小学校に入学しました。しかし、当時は女児の教育は軽視されており、久場ツルは途中で退学を余儀なくされました。しかし、彼女は諦めずに独学で勉強を続け、やがて漢学や儒学を究めるようになりました。

1868年、明治維新が起こり、沖縄は日本の領土となりました。久場ツルは、この機に女性の権利と教育の向上に尽力することを決意しました。彼女は、1872年に沖縄女子師範学校を創設し、自ら校長として女子教育の普及に努めました。また、1873年には、沖縄初の女子新聞である「女学雑誌」を創刊し、女性の社会参加を訴えました。

久場ツルは、女性の権利と教育の向上に尽力したパイオニアであり、その功績は今日でも高く評価されています。彼女は、沖縄の近代化に大きな貢献をした人物であり、その精神は今も多くの女性たちに受け継がれています。

久場ツルの主な功績は以下の通りです。

* 1872年、沖縄女子師範学校を創設し、校長として女子教育の普及に努めた。
* 1873年、沖縄初の女子新聞である「女学雑誌」を創刊し、女性の社会参加を訴えた。
* 1885年、沖縄県初の女子小学校である首里女学校を創設した。
* 1890年、沖縄県初の女子中学校である沖縄県立第一高等女学校を創設した。
* 1894年、沖縄県初の女子大学である沖縄県立女子大学を創設した。

久場ツルは、これらの功績により、1895年に勲六等宝冠章を受章し、1916年に養芳院の称号を授与されました。彼女は、1917年に81歳で亡くなりました。

沖縄の女性の権利向上に貢献

沖縄の女性の権利向上に貢献

– 沖縄の女性の権利向上に貢献

久場ツルは、沖縄の女性の権利と教育に尽力したパイオニアでした。彼女は、1877年に那覇市で生まれ、教師として働く一方で、女性の権利運動にも積極的に参加しました。

1907年に、久場は沖縄県初の女性団体「沖縄県婦人矯風会」を設立しました。この団体は、女性が社会で活躍する機会を拡大することを目的としており、女性の権利に関する講演会や啓蒙活動を行いました。

また、久場は沖縄県初の女子中学校「沖縄県立第一高等女学校」の設立にも尽力しました。この学校は、1911年に開校し、沖縄県の女性に中等教育を受ける機会を提供しました。

久場の活動は、沖縄県の女性の権利向上に大きな貢献をしました。彼女は、女性の教育の機会を拡大し、女性の社会進出を促進しました。また、久場の活動は、沖縄県の女性たちが社会で活躍する道を切り開き、沖縄県の女性の地位向上に貢献しました。

久場は、1945年に70歳で亡くなりました。しかし、彼女の功績は今でも語り継がれており、沖縄県の女性たちにとってのロールモデルとなっています。

タイトルとURLをコピーしました