「久保継成」

「久保継成」

久保継成氏の生涯と功績

久保継成氏の生涯と功績

久保継成氏の生涯と功績

久保継成(くぼ・つぐなり)氏は、1863年(文久3年)に、現在の福島県会津若松市に生まれました。1877年(明治10年)に、東京帝国大学法学部を卒業し、司法省に入省しました。司法省では、判事や検事など、様々な要職を歴任し、1906年(明治39年)に、大審院長に就任しました。大審院長としては、司法の公正と独立を堅持し、日本の法制度の発展に大きく貢献しました。

久保継成氏は、1921年(大正10年)に、大審院長を辞任した後も、法制審議会会長や貴族院議員などを歴任し、日本の法制度の発展に尽力しました。1936年(昭和11年)に、83歳で亡くなりました。

久保継成氏は、日本の法制度の発展に大きく貢献した功績を称えられ、1938年(昭和13年)に、勲一等旭日大綬章を受章しました。また、1964年(昭和39年)に、法務大臣により、法制功労者が贈られました。

久保継成氏の功績は、日本の法制度の発展に大きく貢献したことであり、その功績は、現在でも高く評価されています。

霊友会と久保継成氏の関わり

霊友会と久保継成氏の関わり

霊友会と久保継成氏の関わり

久保継成氏は、霊友会の霊媒師であり、1960年代から1970年代にかけて霊友会内で大きな影響力を持っていました。久保氏は、霊友会の教祖である久保角太郎氏の息子であり、若くして霊媒師としての能力を発揮し、多くの人々から崇拝を集めていました。

霊友会は、久保角太郎氏が1919年に設立した宗教団体で、1960年代には全国に約100万人の信者がいました。霊友会は、神道や仏教の影響を受けながら、独自の教義を有しており、霊界との交信や死後の世界を重視していました。

久保継成氏は、霊友会の霊媒師として、霊界からのメッセージを伝える役割を果たしていました。久保氏の霊媒術は、非常に神秘的なものであり、信者たちは久保氏のメッセージに熱狂していました。久保氏は、霊界からのメッセージを通して、信者たちに人生の指針を示し、励ましていました。

しかし、1970年代に霊友会は、教団内の権力争いや金銭スキャンダルなどによって揺れ動きます。久保継成氏も、この教団内の混乱に巻き込まれ、1974年に霊友会を離脱しました。霊友会を離脱した久保氏は、独自の宗教団体を設立し、霊媒師として活動を続けました。

久保継成氏は、2006年に亡くなりましたが、その霊媒術は、今もなお語り継がれています。久保氏は、霊友会の発展に大きな貢献をした人物であり、霊友会の歴史の中で重要な役割を果たした人物です。

著書と在家仏教こころの会の設立

著書と在家仏教こころの会の設立

– 著述と在家仏教こころの会の設立

久保継成は、仏教に関する多くの著書を残しています。代表的な著作には、『在家仏教のすすめ』『仏教のこころ』『人生と仏教』『ブッダの教えを現代に生かす』などがあります。これらの著書では、仏教の教えを分かりやすく説くとともに、現代社会での仏教の意義について述べています。

また、久保継成は、1961年に在家仏教こころの会を設立しました。在家仏教こころの会は、在家仏教の普及を目的とした団体であり、全国に支部を展開しています。在家仏教こころの会では、仏教の勉強会や法話会、写経会などを開催しており、多くの人が仏教の教えを学んでいます。

久保継成は、在家仏教の普及に生涯を捧げました。彼の著書や在家仏教こころの会の活動は、多くの人々に仏教の教えを伝え、仏教への理解を深めるのに役立っています。

タイトルとURLをコピーしました