久保昌二(1911-1994):昭和-平成時代の物理化学者

久保昌二(1911-1994):昭和-平成時代の物理化学者

久保昌二の生涯

久保昌二の生涯

-久保昌二の生涯-

久保昌二は、1911年1月8日に東京都に生まれた。東京大学理学部物理学科を卒業後、同大学院に進学し、1938年に博士号を取得した。その後、東京大学助教授、教授を歴任し、1959年に東京大学総長に就任した。

久保昌二は、物理化学の分野で多くの業績を上げた。特に、統計力学の分野で、ボース=アインシュタイン凝縮や、フェルミ粒子系の統計力学の発展に貢献した。また、量子力学の分野でも、量子測定理論の発展に貢献した。

久保昌二は、1960年に国際理論物理学センターの初代所長に就任し、1970年には日本学術会議の第11代会長に就任した。また、1976年には文化勲章を受章した。

久保昌二は、1994年6月8日に逝去した。享年83歳であった。

久保昌二は、物理化学の分野で大きな足跡を残した偉大な科学者であった。彼の業績は、現代の物理学の基礎を確立する上で重要な役割を果たしている。

久保昌二の研究

久保昌二の研究

-久保昌二の研究-

久保昌二は、昭和-平成時代の物理化学者として、数多くの研究成果を残しました。その中でも、特に重要な研究分野を以下に紹介します。

-非平衡統計力学-

久保昌二は、非平衡統計力学の分野において、多くの重要な研究成果を上げています。特に、線形反応論の基礎を築いたことは、彼の最も重要な業績の一つです。線形反応論は、非平衡状態にある系について、その状態の擾乱に対する応答を理論的に予測する方法です。この理論は、様々な分野で広く応用されており、久保昌二の研究は、非平衡統計力学の分野の発展に大きく貢献しました。

-統計力学-

久保昌二は、統計力学の分野においても、多くの重要な研究成果を上げています。特に、グリーン-久保公式の導出は、彼の最も重要な業績の一つです。グリーン-久保公式は、非平衡状態にある系の輸送係数と、その系の相関関数との関係を示す式であり、統計力学の基礎的な公式の一つです。この公式は、様々な分野で広く応用されており、久保昌二の研究は、統計力学の分野の発展に大きく貢献しました。

-量子統計力学-

久保昌二は、量子統計力学の分野においても、多くの重要な研究成果を上げています。特に、量子ブラウン運動の理論を確立したことは、彼の最も重要な業績の一つです。量子ブラウン運動とは、量子力学的効果によって生じるブラウン運動のことです。この理論は、様々な分野で広く応用されており、久保昌二の研究は、量子統計力学の分野の発展に大きく貢献しました。

-久保昌二の研究は、物理学の様々な分野の発展に大きな貢献をしました。彼の研究成果は、現在でも多くの分野で広く応用されており、彼の業績は高く評価されています。-

久保昌二の著書

久保昌二の著書

-久保昌二の著書-

久保昌二は、昭和-平成時代の物理化学者で、統計力学や非平衡統計力学の分野で重要な業績を残しました。また、彼は、優れた教育者であり、多くの学生を育て上げました。久保昌二は、生涯を通じて多くの著書を執筆しましたが、その中でも特に重要な著書をいくつか紹介します。

* -統計力学-(1965年)

この著書は、久保昌二の統計力学に関する研究成果をまとめたものです。統計力学は、熱力学の基礎理論であり、物質の性質を分子や原子の統計的な運動から説明する理論です。久保昌二は、この著書の中で、統計力学の基礎的な概念を丁寧に解説するとともに、最新の研究成果を紹介しています。この著書は、統計力学を学ぶ学生や研究者にとって、必読の書となっています。

* -非平衡統計力学-(1972年)

この著書は、久保昌二の非平衡統計力学に関する研究成果をまとめたものです。非平衡統計力学は、平衡状態から外れた系を扱う統計力学の分野であり、輸送現象や反応速度論などを扱います。久保昌二は、この著書の中で、非平衡統計力学の基礎的な概念を丁寧に解説するとともに、最新の研究成果を紹介しています。この著書は、非平衡統計力学を学ぶ学生や研究者にとって、必読の書となっています。

* -久保理論-(1966年)

この著書は、久保昌二が開発した統計力学的な輸送理論である久保理論を解説したものです。久保理論は、輸送現象を分子や原子の統計的な運動から説明する理論であり、輸送係数を統計力学的な方法で計算することができます。久保理論は、輸送現象の研究において重要な役割を果たしており、多くの研究者によって応用されています。

* -カオスと統計物理学-(1985年)

この著書は、久保昌二がカオスと統計物理学の関係を論じたものです。カオスは、一見不規則に見えるような運動のことですが、実際には一定の法則に従って変化しています。久保昌二は、この著書の中で、カオスと統計物理学の関係を明らかにするとともに、カオスの統計力学的な理解について論じています。この著書は、カオスと統計物理学の研究者にとって、必読の書となっています。

久保昌二の著書は、いずれも物理化学の分野において重要な業績であり、多くの学生や研究者によって読まれています。久保昌二の著書は、物理化学を学ぶ学生や研究者にとって、貴重な資料となっています。

タイトルとURLをコピーしました