久保勉→ 明治・昭和時代の哲学者

久保勉→ 明治・昭和時代の哲学者

久保勉の生涯と業績

久保勉の生涯と業績

– 久保勉の生涯と業績

久保勉は、1860年(万延元年)に、現在の石川県加賀市に生まれた。旧姓は森田。1878年(明治11年)に上京し、東京大学文学部に進学した。在学中、井上哲次郎、戸水寛人、井上円了らに師事し、哲学を専攻した。

1883年(明治16年)に東京大学を卒業後、第一高等学校の教授に任命された。1887年(明治20年)には、帝国大学(現在の東京大学)の教授に転任した。1890年(明治23年)には、京都帝国大学(現在の京都大学)の教授に転任した。

1893年(明治26年)には、京都帝国大学総長に就任した。総長在任中は、大学改革に尽力し、京都帝国大学を日本を代表する大学の一つに育て上げた。1901年(明治34年)には、文部大臣に就任した。文部大臣在任中は、教育改革に尽力し、日本の教育制度を近代化させた。

1906年(明治39年)には、文部大臣を辞任し、京都帝国大学に戻った。1928年(昭和3年)には、京都帝国大学を退官した。退官後は、東京に住み、哲学の研究を続けた。

1942年(昭和17年)に、東京で死去した。享年82。

久保勉は、明治・昭和時代の日本を代表する哲学者である。彼の業績は、日本の哲学の発展に大きく貢献した。

久保勉の哲学の特徴は、西洋哲学と東洋哲学を融合させた点にある。彼は、西洋哲学の合理主義と東洋哲学の直観主義を統合し、独自の哲学体系を構築した。彼の哲学は、日本の哲学の発展に大きな影響を与え、現在でも多くの哲学者に影響を与えている。

久保勉の主要な著作としては、以下のものがある。

* 『哲学原論』(1893年)
* 『倫理学原論』(1897年)
* 『宗教哲学原論』(1902年)
* 『美学原論』(1907年)
* 『人生哲学原論』(1912年)
* 『東洋哲学史』(1921年)
* 『西洋哲学史』(1926年)

久保勉の哲学思想の特徴

久保勉の哲学思想の特徴

久保勉の哲学思想の特徴

久保勉は、明治・昭和時代の哲学者で、京都学派の中心人物の一人です。1879年に京都府に生まれ、1961年に亡くなりました。東京帝国大学を卒業後、京都帝国大学教授に就任し、哲学を講じました。久保勉の哲学思想は、西田幾多郎の哲学思想に影響を受けており、西田哲学をさらに発展させたものと言えます。

久保勉の哲学思想の特徴の一つは、西田哲学の「絶対無」の概念をさらに発展させた「絶対無的自己」の概念です。西田哲学では、絶対無は、一切の規定を超えた存在であり、あらゆる存在の根源であるとされます。久保勉は、この絶対無の概念をさらに発展させ、絶対無を「絶対無的自己」と呼びました。絶対無的自己は、一切の規定を超えた存在であり、あらゆる存在の根源であるだけでなく、人間の自己意識の根源でもあります。

久保勉の哲学思想の特徴の二つ目は、西田哲学の「場所」の概念をさらに発展させた「絶対無的場所」の概念です。西田哲学では、場所は、人間が世界を認識する際の視点のことです。久保勉は、この場所の概念をさらに発展させ、場所を「絶対無的場所」と呼びました。絶対無的場所は、人間が世界を認識する際の視点ではなく、一切の規定を超えた存在そのものです。

久保勉の哲学思想は、西田哲学をさらに発展させたものであり、人間の自己意識の根源や世界の根源について深く考察したものです。久保勉の哲学思想は、現代の哲学にも大きな影響を与えています。

タイトルとURLをコピーしました