久保亮五 – 統計力学のパイオニア

久保亮五 – 統計力学のパイオニア

統計力学における線型応答理論

統計力学における線型応答理論

-統計力学における線型応答理論-

久保亮五は、統計力学における線型応答理論のパイオニアである。線型応答理論は、系に小さな摂動を加えたときの系の応答を計算する理論である。久保亮五は、線型応答理論を統計力学の枠組みで定式化し、熱平衡状態にある系の線形応答を計算する方法を確立した。これは、統計力学における大きな進歩であり、現在では、線型応答理論は統計力学の重要な理論の一つとなっている。

久保亮五は、線型応答理論を様々な系に応用し、多くの重要な成果を上げた。例えば、久保亮五は、線型応答理論を用いて、磁気共鳴の理論を説明したり、超伝導体の理論を説明したりした。また、久保亮五は、線型応答理論を量子力学の枠組みで定式化し、量子力学的な系の線形応答を計算する方法を確立した。

久保亮五の線型応答理論に関する研究は、統計力学の発展に大きな貢献をした。また、久保亮五の線型応答理論は、物理学の他の分野にも大きな影響を与え、現在では、線型応答理論は物理学の重要な理論の一つとなっている。

久保亮五の線型応答理論の主な内容は以下の通りである。

* 熱平衡状態にある系の線形応答を計算する方法を確立
* 線形応答理論を様々な系に応用し、多くの重要な成果を上げた
* 線形応答理論を量子力学の枠組みで定式化し、量子力学的な系の線形応答を計算する方法を確立

久保亮五の線型応答理論に関する研究は、統計力学の発展に大きな貢献をした。また、久保亮五の線型応答理論は、物理学の他の分野にも大きな影響を与え、現在では、線型応答理論は物理学の重要な理論の一つとなっている。

非可逆過程における熱と仕事

非可逆過程における熱と仕事

-非可逆過程における熱と仕事-

熱力学の第二法則は、孤立系内のエントロピーは常に増加するか、もしくは一定に保たれると述べています。これは、熱が自発的に高温から低温へ流れる、または仕事が機械的に行われることは可能だが、逆は不可能であることを意味します。

統計力学は、熱力学の第二法則を微視的な観点から説明することを目指す理論です。熱力学の第一法則は、エネルギーは保存されることを述べていますが、第二法則は、エントロピーは保存されないことを述べています。統計力学は、エントロピーは微視的な粒子の運動状態によって決定され、その状態は時間の経過とともに変化することを説明することによって、第二法則を説明します。

非可逆過程とは、エントロピーが減少する過程のことです。非可逆過程には、例えば、熱が高温から低温へ流れる、仕事が機械的に行われる、化学反応が起こるなどがあります。統計力学は、非可逆過程を微視的な観点から説明することによって、熱と仕事の役割を明らかにし、熱力学の第二法則を理解することを可能にします。

熱力学の第二法則は、自然界の様々な現象を説明するために使用されています。例えば、冷蔵庫、熱機関、エアコンなどの動作原理を説明するために使用されています。また、生命の起源や進化を説明するためにも使用されています。

-久保亮五の貢献-

久保亮五は、統計力学の分野に大きな貢献をした日本の物理学者です。久保亮五は、1929年に東京大学を卒業後、1932年に東京大学助教授になりました。1937年に京都大学教授に就任し、1963年に東京大学教授に就任しました。1965年にノーベル物理学賞を受賞しました。

久保亮五は、統計力学の分野で、特に非可逆過程における熱と仕事の役割を明らかにする研究を行いました。久保亮五は、非可逆過程を微視的な観点から説明するために、グリーン関数と場の理論を使用しました。久保亮五の研究は、熱力学の第二法則の理解に大きく貢献しました。

久保亮五は、1995年に亡くなりましたが、彼の研究は現在も多くの研究者に影響を与えています。久保亮五の研究は、統計力学の発展に大きく貢献し、熱力学の第二法則の理解に大きな進歩をもたらしました。

ゴム弾性と高分子物理学

ゴム弾性と高分子物理学

– ゴム弾性と高分子物理学

久保亮五は、ゴム弾性と高分子物理学の分野でも大きな貢献をしています。

1942年、久保はゴム弾性の理論を、高分子の統計力学に基づいて説明する画期的な論文を発表しました。この論文では、ゴム弾性を、高分子鎖の熱運動によるエントロピーの変化によって説明しました。これは、ゴム弾性の理解に大きな進歩をもたらしました。

また、久保は、1946年に、「高分子物理学の理論」という論文を 発表しました。この論文は、高分子物理学の基礎を築いたとされ、高分子物理学の教科書として広く使われています。

久保の研究は、ゴム弾性と高分子物理学の分野に大きな影響を与え、高分子物理学の発展に大きく貢献しました。

久保が開発したゴム弾性の理論は、その後、ゴムやプラスチックなどの高分子材料の物理的性質を説明するために広く使用されています。また、高分子物理学の理論は、高分子材料の合成や加工の分野にも応用されています。

久保の研究は、高分子物理学の発展に大きな貢献をし、材料科学の発展にも大きな影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました